メールボックスを常に空っぽの状態にできるのが特徴というメールクライアント「Mailbox」が、ついにMac版で登場しました。iPhoneアプリが大人気となったやつですが、Macではどうでしょうか。

 
事前登録した人にはこんなメールが来ているようです。

20


 「メール中にあるリンクからMac版アプリをダウンロードして、インストールするときに添付のコインを投入してね」とのこと。とても珍しい認証方法です。最初に起動すると以下のような“缶”が表示されるので、そこにコインの画像をドラッグアンドドロップする。

スクリーンショット_2014-08-20_8_58_05


で、無事に認証されたら次にGoogleアカウントかiCloudかを選ぶ。ぼくはGmailを使うのでここはGoogleを選択。

 26


■シンプルな3カラム

Gmailを読み込んでアプリが起動。シンプルなデザインの3カラム。左には各種メールボックスが並び、中央は個別のメールのインデックス。右はメール本文となる。

スクリーンショット_2014-08-20_9_15_27


■特徴的なUI

Mailboxの特徴はなんといってもアーカイブの仕組み。メールのインデックスを右にちょっとドラッグすると緑のチェックマークが影から出てきて「アーカイブ」フォルダに入る。あとで読みたいメール、大事なメールはこのように保存する。

スクリーンショット_2014-08-20_9_16_32


いたないメールは“ちょっと”ではなく、“ぐいっと”右にドラッグして削除する。このドラッグの幅によってメールの振り分けを行うところが楽しい。iPhone版では面白いUIを採用している。

スクリーンショット_2014-08-20_9_38_22


これ、けっこう使いやすいかも。

いまはMacだと「Sparrow」というメールアプリを使っている。でもちょっと動作に不安なところがあって、たまに固まったりする。もしMailboxがこのまま使えるようなら乗り換えることになりそう。まだベータの段階だけどしばらく使ってみます。


■コイン3枚あります

なぜか追加で3枚コインをもらったので、このベータ版を使ってみたいという方にお送りします。各種SNSなどでお声がけください。すぐなくなるかもだけど。

アプリのダウンロード自体はこのリンクから可能です。
https://download.mailboxapp.com/mac