あるといいなあと思った。

先日、『スティーブ・ジョブズ』を観てきたけど、感想としては「続編があるといいな」に尽きる。ないとちょっと物足りないかな。

それに、きっと続きがあるんじゃないかなと思わせる箇所もいくつかあった気がする。

58
 
■冒頭のシーンにつながらない
映画はApple社内でiPodの開発が完了したことを社員に発表するところから始まるのに、ストーリーはそこから過去に遡り、最後はカラフルなiMac G3を作るぞ!というところで終わる。冒頭のシーンにつながるように、せめてiPod、iPhoneまでは行ってほしい。

41
 

■辛い時期ばかりでかわいそう
あとPixarを設立したとこなんかもまったく触れられていないし、スティーブ・ウォズニアックと出会って、Appleを設立して、リサと初代Macで赤字を出して追い出され、数年後に戻って、さあこれからというところで終了。これだとちょっとジョブズにとって辛い時期ばっかりで、「スティーブ・ジョブズ」というタイトルを付けるには網羅性が足りないのではと思った。


■ゲイツをぶっ潰すんじゃないのか
ゲイツにMacのインターフェイスを真似されとき、ジョブズがゲイツに電話して、「一生を賭けてお前をぶっ潰す」みたいなことを叫んでいた。それなら株価でMicrosoftに勝つところまで行ってほしい。


■坊主のジョナサン・アイブがちらっと
よくAppleの新製品について動画で語るジョナサン・アイブという坊主頭のデザイナーがいる。映画には、カラフルなiMacのデザインを考えていた若きジョナサン・アイブが登場していて、髪型はわりと長めだった。でも映画が終わった後のスタッフロールではちらっと坊主頭のジョナサン・アイブも写っていた(見間違えじゃなければ)。これはその先まで描かれるということじゃないのかなと思った。

というわけで、続編に期待しています。

--次回予告 
「MOVIDA JAPANの『DEMODAY』をリアルタイムレポート!」