それがこちらです。

アマゾン会員のソフトバンク大竹、ヤフーで買い物へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

練習中に笑顔を見せるソフトバンク大竹耕太郎(撮影・梅根麻紀) ソフトバンク大竹耕太郎投手が10日、親会社ソフトバンクと関連の深いヤフーショッピング利用を検討した。 ...


日刊スポーツが9月10日に出した記事ですが、
めちゃくちゃ良くないですか? 

ソフトバンクのルーキーであり、Amazonプライム会員の大竹耕太郎投手が、Yahoo! ショッピングで買い物をする意向であることを伝えています。

ふつうそんなことは記事にならないわけですが、アマゾン、ソフトバンク、ヤフーというすべての要素をタイトルに盛り込むことで、読む前にもうお腹いっぱいな記事に仕上がっています。

タイトルと本文で情報量がまったく変わらないのがすごい。

文句無しで、これが今年のベストタイトルです。


--次回予告 follow us in feedly
「いまならきっと、Amazon会員のソフトバンク大竹、ヤフーのPayPayを使ってビックカメラで買い物へ」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数