Googleアカウントが複数あるとけっこう面倒なんですよね。

たとえば会社のメールやカレンダーがGoogle Appsを利用していると、個人のGoogleアカウントと同じブラウザ内で使い分けないといけなくて、「いまどっちにログインしてるんだっけ?」ってなりがち。

僕は勤務先のアカウントがGoogle Appsなので、いつもChromeのタブには個人のGoogleカレンダー、個人のGmail、そして会社のGoogleカレンダー、会社のGmailが開きっぱなしにしてある。

こんなふうに。

スクリーンショット_2018-12-09_12_50_55

でもファビコンが同じなのでどっちがどっちだかわかりにくいし、カレンダーとメールで4つもタブを専有するのが少し嫌だった。同じことがGoogle DriveやGoogle Docsにも起きてくるので、もうタブがGoogleだらけになってしまう。

で、これを解消してくれるのが「Shift」というアプリ。

スクリーンショット 2018-12-09 14.43.59


使っているGoogleアカウントを登録しておくと、1つのアプリ内で快適にユーザーを切り替えて、それぞれのGoogleサービスにアクセスできる。

なんならGoogleだけではなく、FacebookメッセンジャーやSlackなどのアカウントも統合できるので、普段やり取りするメッセージすべてがこのアプリ内で完結する。

スクリーンショット_2018-12-09_14_31_54

複数アカウントにわたるメッセージ系サービスだけでブラウザが埋まっているという人は、Shiftにすべてまとめてしまえるので非常にすっきりするわけだ。

たくさんあるGoogle系サービスもこうやって開けるのでとても便利。

スクリーンショット 2018-12-09 14.32.03


ついついタブを多く開きがちなブラウザがすっきりするし、メッセージとGoogleを別アプリに切り離すだけで作業をするにあたっての動線もずいぶん良くなった気がする。

しかもShiftは複数台のPCでアプリの設定を引き継いでくれるのでとにかく楽。前からあったアプリなのにその存在を知らなかったことを後悔している。

MacとWindows、Linuxに対応していて、こちらからダウンロードできる

もし同僚でこれを見ている方がいましたら、ぜひともおすすめしておきたい。一応有料アプリで年間3380円($29.99)だけど、とりあえず30日は無料で利用できるので試してみる価値はあり。


--次回予告 follow us in feedly
「今年買ってよかったもの……なんだろう。あるかな…」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数