数あるジブリ作品のなかでも1、2を争う人気の「紅の豚」。ヒロインの1人、ジーナを演じた歌手の加藤登紀子さんが「36回もやり直した」セリフがあると、自身のTwitterで明かしました。



その場面というのがこれ。
アニメ史に残る名シーンじゃないですか…!

「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ」のパンチラインの裏にはこんな苦労があったんですね。


--次回予告 follow us in feedly
「PlayBuzzが便利すぎる件について」


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数