夏目さんという人と「donguri.fm」というポッドキャストをやっているんですが、これは「どんぐりえふえむ」と読みます。その由来についてはまた今度話すとして、先日、久々にゲストをお呼びしました。

ミレニアル世代への浸透を狙い、じゃあ若い女性だってことで、自撮りが上手なことで有名な「りょかちさん」に来ていただきました。

この人です。

IT企業に勤めつつ、「自撮り」活動

りょかちさんは現在、都内にあるIT関連会社の新卒1年目。数カ月前までは「自撮らー女子大生」として活躍しており、ChatCast(チャットキャスト)というチャットをそのまま記事にして公開できるサービスで、自撮りについて友人と語った内容を発信していたそうです。

そんなこんなで社会人になったりょかちさんは、新卒入社の2ヶ月目という超短期間で有名サイト・Netgeekから栄えある「Twitterでフォローすべきビジネス界の12人の美女」に選ばれるという快挙を成し遂げた。

リストの12番目という完全なオチ要員でありながら、フォロワー数は500人ほど増えたそうだ。ちなみにTwitterアカウントは @ryokachii なのでフォローしようぜ。

自撮りは1日30分。

りょかちさんは普段、主に自撮りの活動をしている。iPhoneで自分の顔を撮るのだ。1日に何枚くらい撮影するのかと聞いてみたら意外な答えが返ってきた。

「枚じゃなくて、分で区切ってます」。

え、どういうこと? と一瞬戸惑ったが、つまりは時間で区切らないと延々撮り続けてしまって、他の生活との折り合いがつかないのだという。

「自撮りは1日30分」。そのなかで自分の顔のコンディションをチェックし、今日は痩せているな、いや浮腫んでいる、などと丁寧に向き合いながら、自撮りをする。

なるほど。下手したら丸1日まったく鏡を見ない我々とはえらい違いだ。お好み焼きや焼きそばを食べた後だってあまり気にしない。

しかしりょかちさんはあらゆる場面でスマホを取り出し、インカメラで照明と自分の表情との折り合いを見極めようとしている。このライトのなかにいると、どう映るんだろうか?などと研究しているそうだ。

IT企業よりも照明の専門家になったほうがいいのではないか。

自撮りにハマったきっかけとは?

彼女が自撮りを始めたのは去年の9月のことだ。11月には先述のチャットキャストで記事を作った。スマホのカメラアプリが好きでいろいろな種類を試すうちに、ある時、自分の写真なのにもはや誰だかわからない奇跡の1枚が撮れてしまったという。

「これをアップしたらおもしろいに違いない」。関西出身でサービス精神旺盛なりょかちさんは考えた。当時そんなにTwitterのフォロワーは多くなかったにもかかわらず、意外とたくさんの「ファボ」が付いたため、これはおもしろいかもしれないと続けることにした。

その結果、半年ほどで周りから「あの自撮りの子」と認識されだして、飲み会のネタになって大変助かったのだという。もともとコミュ障だったため、何かしら話題ができたことはありがたかった。新卒で入社した会社でも「自撮りの子だー」と言ってもらえてよかったとも。

なぜいま自撮りをする人が増えてきたのか

最近は自撮りを積極的に公開する人が増えてきた。Twitterで、Facebookで、Instagramで、あちらこちらで人の顔を目にすることだろう。この状況をりょかちさんはこう分析する。

「まず加工アプリを使って"盛る"のが女性の間で流行り始めました。そこにSnapChatが現れて、あのフェイススワップという顔交換機能が人気になったんです」

たしかに、あの顔交換機能には、それまで自撮りをしなかった男性たちにも例えば子どもとの顔交換写真を撮らせてSNSにアップさせるパワーがあった。

「そこからさらにSnapChatの犬のフィルターなどが登場して、いまのように誰もが自撮りを人に見せる口実ができたのではないかと思います」

一時期は女子高生からおばさんまで、もう誰もが犬のやつをアップしていた。ちなみに夏目さんはこう語る。「犬のフィルターで鼻を隠すとみんなかわいくなる。もしかしたら、整形するなら目よりも鼻なのかもしれない」。

自撮りにもちゃんとルールがある、らしい

りょかちさんにとっての自撮りはスポーツのようなものだ、と僕は感じた。かわいく写ればなんでもいいのではなく、そこにはきっちりとしたルールがあって、その中で最大限のパフォーマンスを発揮する。なんだかスポーツ的なのだ。

例えば彼女は決してフォトショップのような加工はしない。目を大きくする類の加工アプリも使わない。ただ色味を変えたりするフィルターは使ってよいというルールだ。

そのよくわからない制限の中で、どれだけ普段の自分からかけ離れた奇跡の1枚が撮れるかーー。そのために1日30分を費やす。それがりょかちさんの"自撮り道"なのだ。

初公開、自撮りの現場

目の前でりょかちさんの自撮りを見たときは、正直言って衝撃を受けた。(何なんだこの人、カメラを自分に向けた途端、まったくの別人になった…)と恐怖すら感じた。

精神を統一すると…

2016-07-07_22_39_03


こうなる。

08


カメラを顔よりもやや上に構え、目に力がこもるりょかちさん。

目の前で"変身"していくその姿を見て、どんなことでもその道を極めれば、きっとこのさき何かおもしろい出来事が待っているに違いないと思った。

そんな話をしてもらったポッドキャストは以下で再生できます。よかったらどうぞ。







--次回予告 follow us in feedly
「そういえばチャットキャストで作った記事がだいたいつまらない件は次回で」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数