糖質制限する人がライスを残すことに店側困惑というニュースがありました。こんなのライス少なめとか、ライスなしとか、ライスをブロッコリーに変更とかのオプション用意しとけばいいんじゃね?って思うわけですが、今日はちょっとした発見について。

糖質制限ダイエット実践者による飲食店での“ライス残し” 。従業員から怒りと困惑の声… | 日刊SPA!


ダイエット食材で有名なセブンイレブンで、こんなものを見つけました。これは糖質制限派には神アイテムの予感。



その名も「野菜を食べよう!10種具材とこんにゃく麺のサラダ」。さっそく買ってみました。



特徴はなんと言っても、こんにゃく麺。これを使用したことにより、ボリュームと食べごたえを確保しながら、低カロリー、低糖質を実現しているところ。カロリーはわずか130kcal。



糖質=炭水化物は15.3g。このなかには野菜の食物繊維も含まれるので純粋な糖質はさらに低いと予想される。かなり理想的なサラダである。



開けてドレッシングをかけた。ゆで卵に、サラダチキンも入っており、たんぱく質もしっかり摂取できる。



さて、麺である。機能性は十分のようだが、どの程度、ふつうの麺に近い食べ心地と味を再現しているか。見た目はまるで冷やし中華のようだ。




うん、「つるつる」というよりも「でゅるでゅる」という感じで、若干のこんにゃくっぽさは残るが、まあ麺としていける。



糖質制限している人だってどうしても麺が食べたくなるときがある。野菜とたんぱく質だけだと寂しいときもある。

そんな気分をまぎらわしたいときにはぴったりだ。130kcalの低カロリー、15.5gの低糖質で麺が食べられるのはかなり満足度が高い。

サラダチキンの登場から3年、またセブンイレブンがやってくれた。


--次回予告 follow us in feedly
「セブンイレブンといえば、そろそろ『ほぐしサラダチキン』についても語っておくか」
 

image

この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数