昨日、Facebookのタイムラインに流れてきたポストを見て我が目を疑いました。なんと今週の週刊文春に、吉田類に下戸疑惑があるという記事が載っているとか。えぇーー!?それが本当なら大変なことですよ。

吉田類というのは「酒場放浪記」という飲み歩き番組のホスト役として有名で、それ以外には何をしているのかよくわからないおじさんです。要は居酒屋で飲み歩くのが仕事な人が下戸疑惑ってすごいなと。


吉田類の酒場放浪記 BS-TBS


わりと薄汚れたいい感じの飲み屋を訪ね歩いて、うまそうにお酒を飲む吉田類さん。僕もこの放浪マップにあるお店に行くのがささやかな楽しみでした。

吉田類の酒場放浪記 BS-TBS|放浪マップ


それがまさか下戸ってことはないでしょうと、ついつい週刊文春を買ってしまいました。僕の母は愛読していますが、自分で買うのは初めてです。

22


これまで数々のスクープを送り出してきた文春ですが、今回のネタが史上最大の衝撃じゃないでしょうか。





こんな感じで相変わらずかわいい表紙。170ページくらいありますが、僕は145ページ目が気になって仕方ありません。そこにはこうありました。


実は下戸らしい…
「酒場放浪記」吉田類に重大疑惑


これはショックすぎるw この記事の冒頭部分を引用してみるとこんな感じです。

「あの人、意外と呑まんなあ?」
「テレビで見ゆうがと全然違うき」

「酒場放浪記」(BS-TBS)のホストとして人気の現代の酒仙、吉田類氏(64)について、彼の地元・高知で「実は下戸ではないか」という噂が広まっているという。

記事では地元高知の居酒屋主人が「あまり飲まなかった」と証言。さらに別の店で吉田と居合わせたという客が「グラスを舐めるだけ」と語ります。極めつけに古い知人と名乗る人物も「疲労がたまっているんだと思う」とフォロー。

これだけ読むと「まじで下戸なの!?」と思ってしまうあたり、さすが週刊誌です。ついつい納得しちゃいがちですが、ここで本人がやってくれました。
 
かっこいいわ。






--次回予告 follow us in feedly
「神保町歴4.5年の僕が選ぶ『死ぬ前にこれだけは食べたいもの』10選」 

この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数