ある日、こんなものが届きました。

2014-12-08_07_59_15


開けてみると、ずっしりとした鉄みたいな素材でできたカード状のもの。いかにも重々しい質感ですが、これがマジで重くてちょっと財布には入れたくないレベル。でも入れておくしかない……。

2014-12-08_15_11_15

なぜならこのお店の会員証だからーー。以前、こんな記事を書きました。みんな大好き渋谷のロッキー馬力屋の元店主・平山さんが独立して新たに会員制の馬肉屋をオープンするというのです。

会員制の馬肉屋がまもなく! あのロッキー馬力屋・元店主の新たな挑戦が楽しみ : Blog @narumi


特徴はクラウドファウンディングで店舗の設備費用を一部まかない、その支援者=会員として、クローズドに運営していくというところです。


日本一の石釜職人に馬肉用の釜を作ってもらう関係で、厨房とは別に300万円程度の費用が必要になったらしい。その部分をクラウドファウンディングでまかなって、ついでに会員限定にしてしまおうという珍しい試みが本プロジェクト。
 



オープン後1年間は店舗の場所、電話番号は、支援者のみに通知。一切広告を行わず、店舗情報も非公開にしていくという流れだそうです。
 


とても珍しい成り立ちの飲食店になりそうですが、なんといっても平山さんのお店ということで、ロッキー行ったことある人からは信頼厚く、即プロジェクトは達成されたのです。


◆◆◆


そしてその新店舗である「ROAST HORSE」(ローストホース)が某所でついにオープンしました。で、なにやらレセプション的なものにご招待いただいたので、菓子折り持ってお邪魔してきましたよ。

お店の場所は地下。看板はもちろん、入り口のドアもこんな感じで、まったく馬肉屋らしさがない。まるで「どこでもドア」のような深いピンク色の扉でした。

02


ドアを開けるとどーんと奥に広がる大きなテーブル。目の前にキッチン。壮観な光景です。

13


店内を歩いていると、もうキッチン丸見えです。グレーのTシャツが店長の平山さん。

37


店のオープンにあたって馬肉の試食のしすぎでかなりふっくらとしていますが、これまでけっこう波瀾万丈あったようです。そんなお話はこちら。

馬肉屋店主 平山 峰吉さんの人生インタビュー


お店の入り口を振り返るとこんな感じ。どこでもドアっぽさが伝わりますでしょうか。

49


ビールをいただきました。ここから自慢の馬肉料理の数々が登場します。でも正式オープン前なので焼く練習とのことでしたw 実験台。

24


お通し的な? 白菜のロースト。白菜に塩とオリーブオイルだけなのにすごく柔らかくて甘い。さすがものすごい釜を備えているだけあります。

05


これは懐かしい……!馬力屋ロッキーで食べた馬の生肉盛り合わせ。去年の10月、初めていただいたときには衝撃でした。

54


一番左上にあるのが「おび」という部位。とても融点の低いところだそうで、ちょっと凍って出てくる。それをタレにちょっとつけて食べると……。

27




溶ける!旨味だけ残して消えてなくなる!



おび、やばい。口の中で溶けるスピード違反ですよ。


右上にあったウニが乗っかったいかにもけしからんやつが「しょうおび」。これはどう見てもけしからん。さっき「おび」にあんなに感動したばっかりなのに、同じくらいこれも美味い。

47-1


で、ハラミのお鮨。これも絶対うまいやつじゃないですか。どれ食べてもこれ以上に美味いものはないと思わせるレベル。

40


そして右下にあった四角い「カイノミ」。ねっとりとした舌触り、濃厚な肉の旨味がやばい。どれもすごい。


19


巨大なエリンギも出てきました。手前にあるお洒落メガネは比較用に置いたアドマンさんの。このエリンギ、水分量がすごくて、口に入れるとキノコ汁がじゅわっとペットボトル1本くらい出てきた。

46


こちらがローストホース用の取り皿と薬味。塩と西洋わさびがありますね。そして手前のお新香がとてもほっとする味だった。

49


でっかいアルミホイルの塊きた~!

56-1


なんか出てきた〜!

17


平山さんがさくさくっと切っていきます。





すっげえ美味い!

25



続いてできてたハラミもすげえ!

32


ジューシーなのに脂分は少なく、後味はあっさりとしているのが馬肉の素晴らしいところ。いくらでも食べられちゃう。

26


またきょだいなにくがあらわれた。

40


がんがん切り分けていく店長・平山さん。

12


こんな塊を切るのってすごい気持ちいいんだろうな……。

58


これがまた美味しくて美味しくて。。

44


この方は店舗のデザインを担当した松永さん。イケメンです。店内をこんな大きなテーブル1枚にしたのは理由があるそうで。

48


こんな感じでみんながワイワイ食べたり飲んだりできる空間にしたかったからだそうです。知らない人たち同士だけど、大きなテーブルで各自それぞれ食べまくってる光景って、とても美しいですよね。

10413355_690084034422418_4811284761339751221_n


特にこの「ローストホース」の場合、基本的にはクラウドファウンディングの支援者(プラスその同伴者)しか来ないので、そのうちみんな仲良くなっちゃったりするかもしれないですね。


でもそういうのちょっと苦手かも…っていう僕みたいな人のために個室もあります。会社の同僚と一緒にだったら、ここ予約したい。

10409084_690086701088818_5430651248319405061_n


正式オープンした後は、料理はコースのみ。オープンから1年間はどれだけ食べて飲んでもご飲食代金が1人6,500円とのこと(会員および同伴含む4名まで対応)。ドリンクは別料金ですが無料で持ち込み可だとか。詳細はよくわかってませんが、こちらを見ればいいのかな…。

日本一の馬肉専門店で、石釜で焼いた最高のローストホースを食べさせたい! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)



「肉吸い」っていうスープもいただきました。とても優しいお味。ローストホースは今日(12月9日)オープンのようです。年内はもう予約いっぱいだそうで、僕は年明けにでも行きたいと思います。

23



--次回予告 follow us in feedly
せっかく会員になったので、ローストホースだれか一緒に行きましょうよ。 


=================================
ついでにフォローしてみる→
フィードも登録したりして→follow us in feedly