与沢翼氏が書類送検。11月22日、正午近くに流れたこのニュースが大きな話題となりました。9月に東京・西麻布の路上で、当時運転手だった男性を殴ったとの容疑です。一方で同氏は「運転について注意した際に運転手の右ほほを触った」と容疑を否認していると報じられました。 

ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長 (双葉社スーパームック)
双葉社
2013-11-21
与沢氏が編集長を務める雑誌「ネオヒルズ・ジャパン」の発売翌日にこの騒動。


与沢氏は同日午後に記者会見を開き、「社員に手を上げたことは一度もない」と改めて暴行を否定。注意をした際に「大丈夫かよ」と頬を触っただけ、としました。会見の内容を書き起こしてみました。冒頭部分はマイクが入っていないのであやふやです。

51

〜冒頭、音声聞こえず〜

(被害者とされるドライバーは)私を送った後に突然帰った。だから自分は帰りはタクシーで帰った。このように仕事をお願いしても未遂行のまま帰宅されることがあった。これは記録が残っている。

それから急ブレーキで同乗者が前に飛んで行くこともあった。場所を覚えていただけないし、目的地まで時間がかかる。迂回をすることもある。車の乗り降りのときに、乗る人をドアをあけてお迎えするようお願いしていたが、寝ていたり、テレビ見ていたりした。お互いに気分がよくないので退職を勧告した。

でも不当解雇ではない。「改善をする」と言ってた。そして事件があったとされる当日、そのような急ブレーキが再びあったので、口頭で注意した。再三言っているのに変わらないので、「次は首だ」と言った。

35


事実として、26〜28日に出社して、29、30日は休んでもらった。2日間の休みのあと1日から出社するはずが、体調がすぐれないので休むと連絡があった。そのようなことが何度かあった。当日欠勤。また真偽不明だが、ベントレーのバンパーの一部がなくなった。「走行中に取れたがよくわからない」と言っていた。バンパーだけで100万円くらいするので、わからないでは困る。これはメーカーが再度取り付けてくれた。


与沢氏といえば「秒速で1億稼ぐ男」として有名だが、それでも100万円のバンパーは痛い出費なのだろうか。

雇用側としても厳しかった。次にミスをしたら解雇すると宣言したが、それによりプレッシャーを与えたかもしれない。業務が辛そうなのはわかる。ここまで大きな報道になるとは思っていなかったが、このようなことになったので、当方としては示談などする考えはない。そもそも、そんな内容がないと考えている。

ただ事実があったのなら謝罪をしていきたい。最後に、私は21歳で創業して、これまで非正規含め500人以上採用してきた。確かにストレスは抱えていたことはあるが、社員に手を上げたことは、どんなに怒ったとしても1度もなかった。

24
 

この件については、こうしてご説明しないと納得できなかった、ということです。相手に連絡が取れないので、解雇通知すらしていない。自主退社した。何か質問あればお答えします。


--これよりQ&A(質問はマイクがなし)--

■暴行があったとされる日、現場はどこか。

ミッドタウンの前。バーにいた。2時過ぎに車で西麻布に移動した。「バルビゾン27わかります?」と聞き、「わかります」と。そうしたら通過したので止まった。乗っていたのは2人。バックは危ないので、20メートルくらいなので歩いて行った。

車外に出たときに注意をした。「頬を触ったと与沢が否認している」と報道にあるが、頬を触ったのは申し上げた通り。触るというのは、「おい大丈夫か? わかっているのか?」と、頬を押すような形。平手打ちとか殴るということはしていません。

19
 

次にやったら辞めていただこうと思っていました。注意をして、「反省しています」「以後、気をつけます」というやり取りが過去に5〜6回、LINE上や対面であった。そのように流されて同じことがまた繰り返されるだろうと、初めて頬を触りました。不満は蓄積していました。

というか、注意をしたのは、LINEで「気をつけます」とやり取りがあった後。だから改善の余地なしと考えた。私としては再三、「ラストチャンスですよ」というメッセージを伝えてきた。車内でも注意した。車内では右肩には触れたかもしれない。左ハンドルなので。肩を掴んで、「話を聞いてくれ」と言ったことはある。

相当ストレスは溜まっていた。でもストレス発散ではない。改善していただきたいと思った。

33
 

■バーにいたそうだが、どのくらい飲んでいた?
シャンパンのグラスを3〜5杯。飲み始めたのは会食があって、それが20時くらい。
バーは会員制ラウンジで女性がいるところ。会食で一緒になった方がいた。

■そのドライバーの勤務はどういう様子だった?
当社と私と信頼関係を築けていなかった。私のふるまいとして、口がよくないときもあるそこについてはおっしゃるように、言葉だけでパワハラになるということであれば、そこについては考えた方がいい部分もあるかもしれない。ただ、こちらもそれを気まぐれでやっているわけではない。理由があった。

■被害者とされる方への今後の対応は?
私は書類送検されているので、起訴されるか、不起訴になるかだが、その際に資料はお送りする。あとは示談をする内容はないので、公判に委ねて争うという形です。その後に無罪となった場合には法的にできることはします。

では私からは以上となります、お忙しい中ありがとうございました。

03


与沢翼氏 会見 - USTREAM