Blog @narumi

どうでもいいこと満載。

Web編集者は全員 #勝手に編集講座 をチェックすべきだし、「推敲十則」は悔しいけど暗記したわ

NAVERまとめ編集長であり、最近はLINE MOOKの編集長も兼ねているLINEの桜川和樹さんのツイートは明らかに学びが多い。

今年に入ってからは #勝手に編集講座 というハッシュタグでWebにおけるコンテンツ作り、編集ノウハウをツイートしているが、特に印象に残ったのがこれ。

自分で作ったものほど、思い入れのあるものほど、客観視できない自分がいる。上記10項目は暗記しておいて必ず振り返るべきだ。すごくよくできている。

この下のツイートもそうだなーと思った。こういう「原理原則」って思ったよりたくさんある。見ようとしてない人には見えないけど実はいろんな場所に転がっている。

例えば上記は雑誌の特集タイトルを追いかけていると、数年ごとに一定のトレンドが見えてくるという話。昔はどこか詩的でポエム感のあった特集タイトルが、最近はものすごく断定的で直接的。まるで2ちゃんまとめのタイトルのようになっている。

そういう気付きの一つひとつが「あるテーマで事例を集めて分類して体系立てる」ということ。どんな些細なテーマでも継続的に集めて分類して考えてみれば、必ずそこに面白い傾向が見えてくるはず。
続きを読む

インフルエンサーをフォローしない、という選択。

一緒にポッドキャストをやっている夏目さんが前にちょっとだけ良いことを言っていた。

「Twitterっていうのはフォロワーで決まるんじゃなくて、フォローしてる人で決まる。だからフォローしてる人を定期的に入れ替えるといいですよ」

たしかに普段見ているタイムラインの中身というのはフォローしている人で決まる。そもそもフォロワーの発言はタイムラインには出てこないわけで。

というわけで数年ぶりに入れ替えてみようと思う。今回のテーマは「インフルエンサーをフォローしない」だ。

要はフォロワー数が多い人を、あえてフォローしないということ。有名人を一掃してもっとフレッシュな人たちでタイムラインを構成するのだ。

そしたらどうなるか、先日、ポッドキャストにゲストに出てもらった紫原明子さんと話した。




僕は650人をフォローしていたけど、「フォロワー数5000人以上の人」を外してみたら300人も減った。フォローしていた人の半数が「5000人以上のフォロワー」を抱えていたらしい。多いのか、少ないのかはわからない。

一番フォローを外すのを躊躇したのは「西武ライオンズの公式アカウント」だ。

で、これでしばらく過ごしてみてわかったことがいくつかある。
  1. リアルの友だちが見当たらない(みんな昔からTwitterやってて自然とフォロワーが多い)
  2. 会社の同僚もだいたい消えた(おそらく仕事柄フォロワーが多い)
  3. 炎上だとかギスギスした感じがない(SNSが殺伐してたらそれはフォローの問題)
  4. フォロワーが多い人のツイートはRTで自然と回ってくる(なのでフォローしなくていい)
  5. 好きな野球チームや好きなブランドの公式はフォローしたい(RSS代わりに使ってたから)
  6. 代わりに誰をフォローすべきか。これが一番むずかしい。

というわけで、「我こそは5000フォロワー以下だけどなかなか良いツイートをしているのでフォローすべきだよ」と自薦してくれる人は教えてください。

(数年前にもこうやってフォローする人を募集した)


みなさんも定期的にフォローしている人を見直すといいと思います。他人と同じ話題ばっかり追ってるなぁとか、同じ顔ぶればかりみて飽きたとか、最近ネットがつまらないとか、新しい気持ちで新年度を過ごしたいという人は思い切ってガンガン入れ替えていきましょう。

紫原明子さんもやってみたら良かったそうです。



そう。えとみほさんはフォロワー数が多いのでアンフォローしてしまいました。でも1日に2〜3回は発言がRTされてくるので、いなくなった感覚は
そんなにないです。


Twitterでこうやってやり取りをしたことある人はフォローはせずに、リストに入れることにしました。たまにあの人、最近何してるんだろうって思うことがあって、そのときにいちいち検索するのが面倒なので。

というわけで、5000人以上フォロワーのいる人を全部フォロー解除するのは実におすすめ。食べログの3.1点〜3.2点あたりに良い店が多いのと一緒で、フォロワー数も1000〜2000人くらいの人が一番おもしろいんです


--次回予告 follow us in feedly
「田端さんのツイートとか本当にフォロー外したっけ?って思うくらい流れてくる」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

Webメディアのモヤモヤを解消するイベント、あのHagexさんにも会えるらしい

炎上ネタが大好物のブロガーHagexさんがちょっと前にポッドキャスト「donguri.fm」のゲストに出てくれました。ありがとうございます。



「意外と声がいい」「ブログとは違って物静か」「イケメン」などといった感想が寄せられましたが、たしかにHagexさん、めちゃくちゃかっこいい。じつは禿げてないですし、スポンジボブにも全然似てない。

ふだんは匿名ブロガーで、SNSすらやっていないのでほぼ絡むチャンスはゼロなんですが、なんと、このたびそんなHagexさんに生で会えるチャンスがあるそうです。

ネットニュース「第1回モヤモヤ王」決定戦というイベントが3月20日に阿佐ヶ谷ロフトで開催され、そこにHagexさんがいらっしゃるのだとか…!


客席には田端さんが辞めた後LINEでもっとも危険な存在となった田野さん(BLOGOS編集長)もいるし、全体的にやばいイベントになりそうです。


そもそもこのイベントが始まった経緯がすごい。中川淳一郎さんとやまもといちろうさんが阿佐ヶ谷ロフトで年1回やっていたイベント、「ネットニュースMVP」が昨年末で7年の歴史に幕を閉じたとき、突然、その場にいた2人の若い女性が「次はお前たちがやるんだよ!」と後継者に任命されたのです。怖い。

続きを読む

スマホの「スクショ」こそ最高のブックマークだったりする

そういえばTwitterに「ブックマーク」なる機能があらわれましたね。あとで見返しておきたいツイートを保存しておくためのものっぽいです。

34


以前はもしかしたらこういうのは「いいね」(旧お気に入り)に登録していたかもしれません。しかし「いいね」の場合は他人からも見えてしまうし、さらにはフォロワーのタイムラインに少しだけ流れていくという微妙な仕様のため、個人的にはあまり使う気にはならなかったのです。

有益な情報を含むツイートをどう扱うかはなかなか難しいものでした。

じゃあ、この新しく登場したブックマークを使えば解決なのかといえば、我々はそこまでTwitterを信用していいものだろうかという疑問が湧く。先日も非公開リストが一部公開されているバグがあったし、あるいはまた突然の仕様変更で「ブックマークもタイムラインに流しまーす」とかやりかねない。

そうなると、もうあらゆるメモはスクショでいいんじゃない?って思い始めたわけです。iPhoneを使っていると「写真」のなかにアルバムっていうタブがあって、そこにはいろんなタイプの写真がカテゴリ分けされています。で、「スクリーンショット」っていう項目もある。

54


TwitterとかFacebookとかLINEとかInstagramとか、だらだらとSNSを見ていると、「これはあとでもう1回見よう」「これは人に教えなきゃ」「これは仕事に使える」「とにかく感動した」みたいな情報はけっこう出てくる。そんなときはそのサービスごとにアクションを起こすのではなく、とにかくスクショに撮っておくと、写真アルバムからまとめて見返せるから便利だ。
続きを読む

吉野家のしじみ汁が激ウマすぎて飲んだ翌日に直行直帰してしまいそうなレベル

吉野家の牛丼を無性に食べたくなるサイクルは人それぞれだと思いますが、私の場合はおおむね3ヶ月おきです。四半期に1回くらいは吉野家しないと胸が苦しくなってきます。

というわけで2月末、今年最初の吉野家をしてきました。

44


久しぶりに吉野家にやってきて、まず驚いたのが「しじみ汁」の登場でした。飲んだ翌日にめっちゃ効くと根拠もよくわからないまま信じていたしじみ汁が吉野家のメニューに。単品・160円です。

しかもこれが美味い。コンビニのカップのしじみ汁よりも全然美味いし、海沿いの町の定食屋で食べるよりも美味い。しじみの風味がものすごい勢いで出てきてる。

しかもこのしじみの量。

56


もはや一般的な家族がいく潮干狩り1回分くらいの収穫量が一杯のしじみ汁に入ってる。

こんなに美味いしじみ汁は食べたことがない。この日は前日にお酒を飲んでいなかったにもかかわらずしっかりと体に染みた。もしこれが飲み会明けのちょい二日酔い状態だったら吉野家に直行直帰するレベルだ。
続きを読む

個人的な食べログとの付き合い方

このツイート、もうリンク先を見るまでもなくヤバそうな要素が詰まっている。


渋谷… 肉居酒屋… 個室の写真… なんだかざわざわする。


個人的に、食べログを見る際にはルールがある。たぶん誰でもあると思う。上記のお店はリンク先を見るまでもないけど念のため見てみたら、やっぱり地雷ポイントがたくさんあった。トップページはこうだった。

32


気になる点は以下。
  1. お店が「公式情報」を載せてる
  2. ステーキ・ワインバーなのに平均予算が3000円〜3900円
  3. 店舗提供のきれいな写真がバーン!
  4. きれいな写真のスライドショー
  5. 駅近をアピールするキャッチコピー
  6. ネット予約を受け付けてて、◯だらけ

こういうお店にはまず行かないほうがいい。
続きを読む

こういうの待ってた…! メニュー単位で確実に美味いお店を探せるサイト「MogMog」がいい感じ

あるとき強烈に「これ喰いたい!」「しかも絶対失敗したくない!」って気分になることないですか?

仕事でふだん行かない街に行ったり、旅行中だったり、もっと言えば毎日のランチで、「いま俺は確実に美味い◯◯を喰いたいんだ!」っていう気分になることがある。

最近できたグルメサイト「MogMog」は、洋食が売りの店とか揚げ物が美味いとかいい感じのタイ料理とかじゃなくて、チーズハンバーグなら都内のここ、焼き餃子ならここ、ガパオライスならここ、みたいにとにかく1皿単位で最高なお店を教えてくれるから素晴らしい。

20


たとえば検索バーに「麻婆豆腐」と入れると、次は場所をリコメンドしてくる。

52



「渋谷駅」と入れてみるとベスト10が表示される。

20



ちなみに1位は「麗郷」、2位は「琉球チャイニーズ TAMA」、3位は「香港ロジ」だった。どれも行ったことがあるが納得である。自分の好きな食べ物、好きな地域でいくつか検索してみると、このMogMogの精度がそれなりに良いことがわかる。

たとえば餃子×池袋だと、1位が「中国家庭料理 楊」、2位にちょっと距離はあるが「餃子荘ムロ」が出てきた。良い。

ランキングに不思議と納得感があると思ったら、「少数精鋭のグルメライターによる信頼度の高いランキング」なのだそうだ。しかも「おいしさ」と「値段」を重視した採点方式というところが個人的にはしっくりくる。高いお金を払えば美味しいものは食べられるのは知ってる。であれば、1円あたりの美味しさが重要なのだ。

InstagramのAPIを使っており、各お店の情報はほぼインスタの写真。それが逆にリアルでいい。考えてみれば店名と地図と食い物のリアルな写真があれば無駄なレビューなどいらない。素人の評価を読む時間があったらさっさと食べに行くまでだ。


で、このサイトを作ったのはポッドキャスト「donguri.fm」で超初期のころに話した、インスタにポテトサラダの写真ばかりを延々とアップしていく細川貴英さん(@takahide_h)という人だった。




ポテサラの写真だけアップして早3年。ポテサラの美味い店だけをランキング化したい、ポテサラだけでお店を評価したい、新しいポテサラだけを知りたいという欲望がつのり、1つのメニューだけでランキングするグルメサイトを作ってしまったそうだ。
続きを読む

絶対にお酒が飲みたくなるネットラジオ「酒ブ私人の会」がすげーいいぞ

今年は周りの人がたくさんポッドキャスト(というか、ネットラジオ)を始める年になるのかしら。もしそうなったら、大変楽しみです。

記者仲間の津田さん(@boobyn)がRadiotalkで、飲んでるお酒とそのおつまみを紹介するラジオ「酒ブ私人の会」というのをやってまして、さっそく大ファンになってしまってます。

このラジオの何がいいって、リアルタイムでお酒を飲み始めるところからレポートするから、「ぷしゅッ」って開ける音とか、「とくとくとく……」ってグラスに注ぐ音が最初のほうに入ってくるんですよね。これを聞いてるだけで早くも飲みたくなる。飲んだら当たり前のように「ぷはあ〜」とか「うへえ〜」みたいなうめき声が入ってきてまたそそる。

しかもお酒のうんちくがけっこういい感じなんですよ。決してうるさくなくて適度な知識。話し手は芋焼酎から缶チューハイ、ウィスキーまで博学でありながら、適度な情報にまとめてインプットしてくるあたりはさすがベテラン編集者。

そして毎回自作のお酒のおつまみ。これがめちゃくちゃ渋い。第三回にして缶チューハイ「本搾り」を選んだと思ったら、付け合せは砂肝の塩焼き。そんなの絶対に合う!食べる音も美味そうだ。
続きを読む
follow us in feedly RSS RSS Instagram
ポッドキャストはじめました!
同じ人が作ったNAVERまとめ
連絡先: narumi789[at]gmail        Facebookページもよろしくお願いします↓
記事検索