Blog @narumi

おじさんの衣・食・住

ブログに「noteで書く」ボタンを設置してみた。


久々に新しいボタンを設置してみた。

「noteで書く」ボタンが公開されたそうです。いきなり日経新聞の記事に採用。記事読んだところからボタン一つでnoteの記事を書ける。読者とのつながりとして面白いですね。

note、ソーシャルプラグインの「 note で書く」ボタンを初公開。第一弾として「日本経済新聞 電子版」に実装されました。|株式会社ピースオブケイク

note は、メディアサイト向けのソーシャルプラグイン「 note で書く」ボタンを2019年5月22日から公開しました。各種ウェブサイトや iOS / Android アプリ、ブログなどの運営者が「 note で書く」ボタンを設置すると、読者はボタンから当該サービスの情報を元にした note を投稿できます。 各サービスの情報が流通しやすくなり、note ユーザーが創作をつづけるきっかけも増やします。第一弾として、日本経済新聞 電子版(PC版)に「 note で書く」ボタンが実装されました。ニュース記事をテーマにした note を募るお題企画「#ニュースで語る」も本日から開始しま



で、一般向けにも同時に公開されてるのでこのブログにも入れてみた次第です。 

設置方法はボタンを設置したいページに、下記のコードを追加するだけ。


data-url属性の値にページのURLを入力してください。(例:https://www.pieceofcake.co.jp/)

<a href="https://note.mu/intent/social_button" class="note-social-button" data-url="https://www.pieceofcake.co.jp/"></a>
<script async src="https://cdn.st-note.com/js/social_button.min.js"></script>

 

こんな感じでとりあえず表示された。あとでもっときれいに並べたい。

スクリーンショット 2019-05-22 14.34.04


noteのアカウントを持っている人がこのボタンを押すと、ページが引用された状態でnoteのエディタが起動する。非noteユーザーは新規会員登録が必要になる。


「この記事について書かれたnote」とかが一覧できるとさらに面白そうだ。まあそんなにたくさん書かれるものではないと思うけど。


--次回予告 follow us in feedly
「昔はこういう系のボタンもっとたくさんあったけど消えたよね」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

いま話題の「銭湯サウナ漫画」という新ジャンルのマンガを読む


GWはほぼ何もしてなかったんですが、唯一お出かけしてみたのが、この銭湯で開催されたイベントでした。

FullSizeRender

ここは高円寺にある小杉湯。いい感じのお風呂といい感じの水風呂があって、さらに休憩スペースにおすすめ漫画まで置いてある最高の銭湯だという話は前にもしましたね。

夏は高円寺の「小杉湯」で交互浴キメてだらだら漫画を読むのが最高 : Blog @narumi

先日、暑かったので高円寺にある銭湯「小杉湯」に行ってきました。けっこう頻繁に行きます。 小杉湯といえば熱湯と水風呂に交互に入る"交互浴"をめちゃくちゃプッシュしている良い銭湯。こんなふうに「交互浴図解」という案内まで作っており、お客さんが確実に"整う"ようにサポートしてくれる。 初心者コースから宇宙コースまで、経験値によってさまざまな交互浴を提案してくれます。



なんとその銭湯の中でトークイベントが開催されたわけです。「マンガで入る銭湯サウナ in 小杉湯」と題して、書籍『銭湯図解』の著者であり番頭である塩谷歩波さん(@enyahonami)と、LINEマンガで銭湯マンガ『ゆとのと』を連載中の泉紗紗さん(@sasa_iky)が語り合うというもの。

銭湯図解
塩谷 歩波
中央公論新社
2019-02-20






銭湯好きなら行かねばと参加してきたところ、参加者にはオリジナルタオルや都内の銭湯チケットが配られてこの時点でかなり嬉しい。

 FullSizeRender

いつもお湯とかお水に入ってる場所で人の話を聞くっていう体験が非日常すぎてなんとも言えない不思議な感覚…。

FullSizeRender


壁には塩谷さんの銭湯図解が貼られていて、うん、ここは行ったことあるなと一つひとつ確認するように眺めていた。

FullSizeRender

練馬の久松湯も最高なんだよな〜。

FullSizeRender


で、イベント内容としてはいろんな話がありましたが、いまや「銭湯サウナマンガ」というのが一大ジャンルになっているんですね。

FullSizeRender


こんな感じで「情報←→体験」「事実←→創作」というマッピングでこのジャンルの作品が紹介されていました。テルマエ・ロマエなんかは創作寄り、今度ドラマ化される「サ道」は事実寄り。なるほど。

FullSizeRender


銭湯で働き、銭湯に関する作品を描く2人がおすすめ銭湯サウナマンガをいろいろ教えてくれます。

FullSizeRender


一部を紹介すると…



これは事実×情報の作品。筆者が都内の銭湯を巡り歩く「お風呂版、孤独のグルメ」みたいな感じ。さっそく買ってみたんですが、これは良い。作者の方もイベントに来てました。




こち亀で有名な秋本治さんの作品。2人が話してたのはとにかくディティールがすごい細かいというところ。銭湯で働いてないとわからないような細かい設定がさらっと描かれていてさすが〜となるらしい。


湯遊ワンダーランド
まんしゅう きつこ
扶桑社
2018-05-20


まんしゅうきつこさんの事実×体験系のエッセイマンガ。とにかくサウナやお風呂で整う描写の凄まじさが印象的。昇天するような描写が多く、たしかにあれ読むとサウナ行きたくなる。買った。




比較的早い段階に出た銭湯サウナマンガ。「孤独のグルメ」の久住昌之原案協力。風呂なしアパート「湯毛荘」に住む女性の銭湯が良いの日々を描く、こちらは物語系マンガ。




めっちゃオシャレな銭湯サウナマンガ。これも物語なやつですね。おもしろそう。


ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。



あとこれも紹介するのか!!!と驚いたのが、台東区にあるとある3軒の銭湯内でしか見られない "全裸で読む漫画”「銭湯戦士 セイント☆セントー」(作・メソポ田宮文明)。

この作品、お風呂の壁に掲示されているので湯船の中でしか読めないという究極の銭湯マンガなのです。僕も鶯谷の萩の湯に貼られていたのを読みました。

あの謎マンガを塩谷さんが紹介していたんです。塩谷さんによればこのマンガが掲示されている台東区の3軒の銭湯は兄弟だそうです(長沼家)。勉強になります。


ちなみにイベントの司会は、ニュースサイト「ねとらぼ」のライター・黒木貴啓さんでした。

FullSizeRender


ねとらぼの副編集長(右)も見守るなか、素晴らしい進行でしたね。

FullSizeRender


イベント後には『ゆとのと』の泉紗紗さんに本にサインしてもらいました。

FullSizeRender

番頭でサインする漫画家。

FullSizeRender


ゆとのとはLINEマンガでも読めますよ。
面白いのでおすすめです!

LINEマンガ

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日"無料"で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!




--次回予告 follow us in feedly
「最近の一番の楽しみは、
たまに行く鶯谷園→萩の湯のコース 

この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

とりあえず1000円もらって俺の中のLINE Pay300億円キャンペーンは終了した


始まりましたね。LINE Payの「300億円もらえちゃうキャンペーン」。

IMG_0521


一方ここはおじさん3人のグループメッセンジャー。3人で1000円を送り合ってみるかという話をしています。

IMG_0518 2


キャンペーンページからLINEを開いて、送る相手を選ぶ。

IMG_0514


相当混み合っているのか、何度かのエラーを経て……。

IMG_0515 2


1000円のLINE Payボーナスを送りました。

IMG_0517 2


無事3人とも1000円受け取ることができました。

IMG_0519


LINE Payの残高履歴をチェックしてみたところ、すでに1000円はチャージ済み。

IMG_0520

これで僕らの中の300億円キャンペーンは終了。
我々のようなLINE Payヘビーユーザーはこんな感じであっさりしたものですが、本番はここから。

そもそもLINE Payでお金をやり取りしたり、今回のようなお金を受け取るキャンペーンに参加するには「本人認証」が必要となります。

LINEがこの300億円を原資にどれだけの数の本人認証アカウントを増やせるか、そこが注目ですね。


--次回予告 follow us in feedly
「もらった1000円で松屋でラストのごろごろ煮込みチキンカレーでも食べてきます」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

大久保にある「牛すじカレーの店」がくっそ美味いから行ってみ


牛すじカレーっていう料理がありますよね。

簡単に言うと牛すじが入ったカレーのことです。

カレー屋さんでたまに見かける、柔らかく煮込まれた牛すじが堪らないやつ。


で、そんな牛すじカレーの専門店が大久保駅の近くにありまして。むっちゃ美味いから行ってみてほしい。

FullSizeRender

お店の外観はちょっと心配になるレベル。え、ここでカレー食うの?みたいな。初デートで行くのはやめたほうがいいかもしれない。無駄な不安を与えてしまうでしょう。

でも勇気を持って入ってみると、ここの牛すじカレーは絶品の一言。

FullSizeRender

とっろとろに煮込まれた牛すじが美味しい。もうありえないくらいとろとろですよ。

これは牛すじだけ大盛りにしたカレー(並)。

FullSizeRender


牛スジカレー(並)は450円と安いのがまた驚き。けっこうな量なので男性でも並で十分かと思います。ちなみにコールスローサラダ(50円)も美味しかったのでお口直しに食べてみてください。

FullSizeRender


牛すじカレーというニッチ商品一本で勝負するだけあって、看板の牛すじカレーは見事としか言いようがない。

FullSizeRender

山手線で大久保駅を通ったら、ぜひ電車を降りてみてください。

最高のカレーが待っています。

FullSizeRender


うん。やっぱり入るのは勇気がいるな。

FullSizeRender


お店はここ。「牛すじカレー 小さなカレー家」というのが正式名称らしい。


牛すじカレー 小さなカレー家 - [食べログ]

また行こう。


--次回予告 follow us in feedly
「赤坂見附の希須林の辛ニラそばが好きです」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

LINE PAYの「300億円あげちゃう祭」結局俺たちがもらえるのは1000円だけなんだよな


PayPayが2回の「100億円あげちゃうキャンペーン」を終了したタイミングで、LINE Payが仕掛けてきましたね。「全員にあげちゃう300億円祭」です。

30bilcampaignpr



LINE史上最大の還元祭「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を開催



これはざっくり言うと、「LINE Payが300億円もの原資を用意するから、LINE Payユーザー同士でお互いお金を送り合ってもらえんか?」というものです。

LINE Payユーザーは自らの懐を痛めることなく、友人・知人にお金を送ることができます。その額、300億円。すごいですね。

ただし、もちろん、当たり前ですが、こういうのにはきっちりルールというのがあって、以下のような感じです。

・期間中、1人あたりが受け取れるのは1000円まで
・1回に送ることができる友だちは最大500人
・1日に送ることができる上限回数は5000回


まず、このキャンペーン期間中、僕らが受け取れる金額は1000円が上限です。たくさんの友達がたくさんのお金を送ってきたとしても1000円までしか受け取れません。LINEさんが300億円を用意してくれましたが、1人1000円なので3000万人で分け合う形ですね。

しかしながら、1回に送ることができる友だちは最大500人、1日に送ることができる上限回数は5000回となっており、かなりの人数、回数を送ることはできるようです。

これはなぜか。LINEのプレスリリースには以下のような記載があります。


「今回のキャンペーンは、送金のような体験を通して、「LINE Pay」の主な機能である″モバイル決済″と″モバイル送金″のうち、モバイル送金を活性化する施策です」



つまりLINE Payユーザーに「LINEでお金を送る」という行動を植え付けるための施策。すでにお金を送りあったことがある人同士だと初日に1000円を交換して終わりそうです。

キャンペーン初日にAさんがBさんに1000円を送る。BさんもAさんに1000円を送る。この2人のなかではキャンペーンが終了。こんな感じですね。


ーーなんか思ったより、夢がない。ビックカメラで10万円のiPad Proを買ったら実質2万円引きになって、しかも運が良ければ全額返ってきた昨年末のPayPayキャンペーンほどのインパクトは個人としてはない。

知り合いの記者仲間が集まるSlackでも、このキャンペーンは300億円という金額ほどのおいしさはないよなぁという話になりました。

スクリーンショット_2019-05-16_12_41_35


でもまあ今回の300億円キャンペーンによってLINE Payでお金を送ったり、送られたりすることが当たり前の世の中になったら、それはキャッシュレス生活を楽しむ者としては非常に好ましいことです。

お金を送るってなかなかハードル高いですからね。


追記:こういうLINE Payおじさんが大量発生しそうwww

スクリーンショット_2019-05-16_12_49_05


--次回予告 follow us in feedly
「全員に300億円あげちゃうキャンペーン=1人1000円あげちゃうキャンペーン」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

さようなら、松屋のごろごろ煮込みチキンカレー。順次「創業ビーフカレー」に切り替えへ


なんというか、いまだに信じられなくて、ついつい電話してしまいました。


5月22日で終了。我々の尽力もおよばず、今年も定番メニュー化はならなかったようです。

公式で発表されているから事実なんでしょうけど、どうしてもこの現実を受け入れられずお客様相談室に電話。

「本当にごろごろ煮込みチキンカレーは終了してしまうのでしょうか」

「はい、店舗によっては来週には順次つぎのメニューに切り替わっていきます」

やっぱりそうか。来週ってもうすぐだ…。

「提供終了したお店は『創業ビーフカレー』に切り替わる予定です

えっ。そんなの出るんですか?

2b9b649f (1)


と、こんなやりとりがありまして、担当の方によれば次期メニューは創業ビーフカレーだそうです。早い店舗ではどんどん切り替わっていってるらしいです。


終わるカレーがあれば、始まるカレーもある。


ごろごろチキンカレーは毎年春の風物詩だ。また来年を待つことにしよう。

f845ffca


短い間だけどありがとう、ごろごろ煮込みチキンカレー。

そしてさようなら、ごろごろ煮込みチキンカレー。


--次回予告 follow us in feedly
「5月21日に都内でごろごろ煮込みチキンカレーのお別れ会を開きます。よかったら参加しませんか?」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

最近のカルピスはマジで表参道のカフェで700円で売れるクリーミーな泡に感動するレベル


今日はこんなタレコミがあったのでご紹介したいと思います。

スクリーンショット_2019-05-10_19_02_21


知り合いの某社広報さんから「個人的ヒット商品がある」と連絡が。僕がいつもコンビニで買ったものなどをブログに書いてるからか、教えたくなったそうです。

それがこれ。

2019-05-10 12.37.03-1

はあ? カルピスソーダーだあ!?

昔からあるだろこんなもん。何をいまさらと思ったら、まだ続きがありました。


スクリーンショット_2019-05-10_19_06_13

言っておきますけど、この人はカルピスの広報ではありません。

「今回のカルピスソーダは、マジで表参道のカフェで700円/200ccで売れるクリーミーな泡に感動します」

表参道のカフェで700円って。しかも200ccって、牛乳瓶1本分くらいじゃないか…。

ここまでおすすめされたら買わないわけにはいきません。圧倒的な経済力で即購入。

2019-05-10 16.17.27-1

「hey」

2019-05-10 16.18.02-1-1

このカルピスソーダがそんなに美味いのか。

2019-05-10 16.18.16-1

ただ「かなり、濃いめ」というコピーには大人なら惹かれるものがある。

2019-05-10 16.18.26-1

「きめ細やかな泡のくつろぎ炭酸」って温泉の説明文みたいだな。

2019-05-10 16.18.55-1

さて、飲んでみましょう。

2019-05-10 16.19.31-1

ちょっと飲んでる間は、僕の腕毛のほうを…

2019-05-10 16.19.39-1

ゆっくりとご堪能ください。こちらも「かなり、濃いめ」です。

2019-05-10 16.19.49-1

結論から言いましょう。むっちゃくちゃうめええええええ!!!!!!!

2019-05-10 16.20.31-1

これは相当うまい。なんか昔飲んだカルピスソーダみたいな、カルピスの甘さが喉にまとわりつく感じとか、嫌な後味が一切ない。すごくクリーミー、かつ、すっきり。

なんというか、「生クリームの炭酸割りみたいな」。いやそれだと不味そうだけど、これはむっちゃ美味いんですわ。これすごい。

さらにネタ元からの情報はこれだけにとどまりませんでした。

スクリーンショット_2019-05-10_19_13_08

「グラスにコンビニで売ってる氷を入れ、そそぐと、まるでクリームソーダ(メロン味じゃないけど)のようなクリーミーさなんです」

もちろん、氷も買った。

2019-05-10 16.22.11-1

注ぐ。

2019-05-10 16.22.50-1-1

おお〜ふわっふわだ。

2019-05-10 16.22.57-1-1

はい、うまい。

2019-05-10 16.23.13-1

氷できっちり冷やされて、口の広いカップで飲むことでカルピスの豊かな香りが鼻に抜けていき、ペットボトルで飲むよりも舌とカルピスの接着表面積が格段に広がってクリーミーさをこれでもかと味わうことができる。

最高じゃん。

2019-05-10 16.23.36-1

カルピスって久々に飲んだけど、これは完全にあり。

騙されたと思って飲んでみてください。

「今回のカルピスソーダは、マジで表参道のカフェで700円/200ccで売れるクリーミーな泡に感動します」

というのはそんなに間違っていません。


--次回予告 follow us in feedly
「そろそろカルピス強炭酸とか出てほしい」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

LINEのトーク画面から使えるOCR機能がとても良い


LINEアプリがアップデートしたら、トーク画面からOCR(文字認識)機能を使えるようになったというのでさっそく試してみる。

これいわゆるLINEカメラではなく、LINEの「トーク画面」から使えるカメラね。

IMG_0080

これ。

起動するとこうなる。撮った写真に含まれる文字をテキスト化してくれるらしい。

2019-05-07_16_13_19


とりあえず自分の名刺で実験。

2019-05-07 18.26.48-1


パシャっと撮影ボタンを押したら文字を検出。

2019-05-07_16_13_56


おおー。PCのキーボードまで認識した。

2019-05-07_16_13_57


必要な部分を指でなぞると選択状態になり、トークのテキスト打つところにコピペされる。

2019-05-07_16_14_36


そのままこうやって送れる。

2019-05-07_16_15_07


すっげ。

2019-05-07_16_15_36


チラシとかパンフレットとか、さくっとテキスト化したいときにいいかもしれない。

仕事でもなんか使えるような気もする。

この紙に書かれたメモをいますぐテキストで送りたい!というシーンが月に1回くらいはあったりする。


--次回予告 follow us in feedly
「いい使いみちを誰か教えてください」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

follow us in feedly RSS RSS Instagram
ポッドキャストはじめました。


同じ人が作ったNAVERまとめ
連絡先:narumi789[at]gmail
記事検索