Blog @narumi

おじさんの衣・食・住

具は一切なし、ただの麺。なのにむちゃんこ牡蠣の味がする謎の麺


いまだに信じられないんですが、このあいだお昼に食べた「牡蠣が一切入ってないただの麺」が、むちゃくちゃ牡蠣の味がしてすっげえ美味いんですよ。

FullSizeRender


いやもう牡蠣どころかもう本当に何の具も入ってないように見える。

それなのに一口食べてみるとお口の中が牡蠣

完全に牡蠣の旨味が広がってくる。

FullSizeRender

え、牡蠣ないじゃん?って思うでしょ。俺もそう思うんだけどこの麺を食べると一瞬でお口が牡蠣まみれ。

常識ではありえない麺です。

白米を食べてみたらインドカレーの味がしたみたいな。そんな気分です。いや全然違うわ。

ここは四谷の嘉賓というお店。店内はけっこう広いのでランチタイムもそんなに混雑してる感じはありません。

サイドメニュー的に頼んだゆで餃子もぷりっぷりで美味い〜。

FullSizeRender

ぷるんぷるんの皮に、たっぷりの野菜とお肉。

いくらでも食べられちゃうやつだわ。

FullSizeRender

嘉賓おいしいよ嘉賓。

ここは何で知ったかというとおなじみのグルメサイト「みんなのごはん」。

食通の文豪をも魅了した老舗の味に驚嘆!「嘉賓」のカキソース和えソバはもはや具なんていらない究極の麺料理だ - ぐるなび みんなのごはん

みなさんは、この写真を見た瞬間、「具は?」「 つけ麺 の麺だけ?」と思うことでしょう。 実はこの麺、これが完成形です。具がないのです。 厳密に言うと、ネギとショウガのみじん切りが申し訳程度に入っています。 それなのにこの麺、「食べたらまた食べたくなる。少し食べないと中毒症状が起きる」という人が続出する、とんでもない依存性をもつ麺なのです。 ...


この記事を読むと確実に食べたくなるので絶対に見てはいけません。

一切の具はない。強烈な牡蠣の味だけがする麺「カキソース和えソバ」。

FullSizeRender

まさに究極の麺料理ですね。


--次回予告 follow us in feedly
「四谷だと『
かつれつ四谷たけだ』の牡蠣バターも美味いよ」 

この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

なんとなくでiPad miniを買った。


iPad miniを買ってしまった。

スクリーンショット 2019-03-18 22.35.10

セルラーの256GB。

理由はいまiPadを持っていないこと、そしてさっきまで激しい運動(ボクシング)をしていて疲れていたことなどだ。

ぐったりしてるときに久々にiPad miniが出ると聞いて、なんとなくAppleのサイトに行ってみて、説明もろくに読まないまま買ってしまった。

使いみちとしてはスポーツジムで走るときにマシンの目の前に置いてNetflixでも観るか、あるいはもうすぐプロ野球も開幕なのでDAZNで野球中継でも観るか、である。

それくらいなら何もAppleじゃなくても、もっと適当なタブレットでもいいんだけど、なんとなくiPad miniが出るとなると買ってしまう。

今回のiPad miniが第何世代か知らないけれど、買うのはこれで3台目だった気がする。

メルカリがあると何も考えずものを買うようになった。そして売るようになった。

どうせ売れると思えばなんでも買える。

それはすごく気楽なことだ。


--次回予告 follow us in feedly
ニューバランスの靴にぴったりのパンツをニューバランスがつくった
 

この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

「明日をダメにするカルビ」とかいうヤバイお肉を出す焼肉屋に行ってきた


仲間内の新年会で面白い店に行ってみようということで、とある焼肉屋さんに行ってきました。

FullSizeRender


ここは超厚切りでお肉を提供したり、なにやら「明日をダメにするカルビ」というヤバイ肉があるということで人気のお店。

板橋本町駅からすぐの所にある「時楽」さんです。


お肉のカットはやたらワイルドだし、お肉の質も良くむちゃくちゃ美味しい。仲の良い面々とがんがんお肉を食べるぞっていうときには最適の焼肉屋なのです。

まず必ず頼みたいのがこの名物の「ワイルドタン」。

FullSizeRender

見ての通り、すっごい分厚い。3〜4センチはありそう。

郵便ポストには入らない完全に定形外サイズです。やばい。

FullSizeRender

火が通るまでそこそこ時間かかるので、ひっくり返したりしながら数分焼いていきます。

キムチとかナムルを食べながらじっと待つ。その間にも次の厚切り肉がばんばん来てる。

FullSizeRender


ネクストバッターズサークルで待ち構えているのは、ワイルドハラミ、ワイルドヒレ肉のお二人です。

FullSizeRender

で、ワイルドタンが焼けたので食ったら、むっちゃうまい!

とにかく厚切りなので歯ごたえがすごいし、タン食ってるなあ〜っていう気分が尋常じゃない。

タンを食いながらも次の厚切りを焼いていく。ここは常に厚切りを網に乗せておけ。

FullSizeRender

これの分厚いのを表面を焼きつつ、はさみで切ってどんどん食べるのが最高に美味い。

しかもここのレモンサワーがレモン切ったやつがそのままグラスに入った系サワーなんですが、中身だけおかわりできるので、レモンサワーがすすむことすすむこと。

ワイルドに肉を焼きながら、延々と美味いレモンサワーを飲み続けるって最高じゃないですか。

そんでこれが一番やばい「明日をダメにするカルビ」。

FullSizeRender

そういうことなんすね。

このニンニクの量はたしかに明日をダメにしてしまう。

ワイルド厚切りのカルビにチューブ1本分くらいのにんにくがかかっています。


明日も仕事なんですが我々はそんなこと一切気にせずに明日をダメにするカルビをたいらげてしまいました。

そんでこれもおすすめなのが牡蠣バター。

FullSizeRender

鉄板に牡蠣とバターが入って網の上でジュワ~っと火を通すやつ。

明日をダメにするカルビを焼きながら牡蠣もあたためておきます。

この牡蠣も最高。

もっと最初のほうで頼んでもいいかもね。明日をダメにする系はその後の味覚も少しずつダメにしていきます。


*
****

板橋本町ってあまり行かない駅だけど、都営三田線で都心からぴゅーっと行けるので、美味い肉をがっつり食いたい勢にはおすすめ。

というわけで雑に食い散らかして、雑に紹介してきましたが、丁寧な仕事で定評のあるグルメライターのほそいあやさんの記事がとても参考になりますのでぜひ。

もはや遺跡のような厚切り...! 板橋本町「時楽」の怪物・ワイルドタンのビジュアルにも味にも度肝を抜かれてしまった - ぐるなび みんなのごはん

こんにちは、ほそいあやです。 すっかり師走ですね。肉、食べてますか? 都営 三田線 板橋 本町駅からすぐの「時楽」へやって来ました。 この日は11月29日。そう、肉の日です! 皆さん肉の日をエンジョイしていました。私たちも負けないぞ。今日は苦しくなるくらい肉を食べるのだと心の準備をしてきました。 いったるでー! 料理のメニュー。「ワイルド 焼肉 ...



--次回予告 follow us in feedly
「見た目がアレだけど超絶うまい牛すじカレーの店」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数


徳力さんのYahoo!ニュース個人の記事で #ヤフージュース を作ってもらった結果


Yahoo!ニュースが期間限定で原宿・竹下通りに「ヤフージュース」というポップアップストアをオープンしていることは、このブログを読んでる皆さんはとっくにご存知かと思います。

Yahoo!ニュースの好きな記事の画面を見せると無料で見た目も派手なオリジナルジュースが飲めるという、インスタ映えをするためにはるばる原宿までやってきた若者狙い撃ちなこの企画。

SNSでもたくさん投稿がたくさん見られ、大盛り上がりの様子。




そんなヤフージュースに私もさっそく行ってきました。


2019-03-15 12.00.39


場所は竹下通りのちょうど真ん中あたり、明治通りから入っても、原宿竹下口から入ってもそんなに変わらない場所です。

のどが渇いてタダでジュースが飲みたい人には良い給水所になりそうです。

2019-03-15 12.00.52


「お好きなYahoo!ニュースの楽しい記事をお選びください」


お店に入るとこんな呼びかけが。

楽しい記事かぁ…。いろいろ思いつくけど、どれにしようか。

などと考えていると、完全に観光地なので、わけもわからず入ってくる外国人観光客の方もいらっしゃる。「Yahoo!ニュースで好きな記事を…」と言ってもさっぱり伝わらない。スタッフの方もいろいろ大変そうでした。

俺が選んだのはこのニュースだ。


2019-03-15_11_29_19




相手をウソつき呼ばわりする前に、本当のジャーナリストならやるべきことがあるのでは?(徳力基彦) - 個人 - Yahoo!ニュース


これはどういう記事かというと、もう3年前ですね。フリージャーナリストの藤代さんという方がヤフーの社長(当時)に取材を申し込んだけどけんもほろろに断られてしまったそうです。

それなのに直後に朝日新聞にはちゃんと社長に取材した記事が載っていて、それを見た藤代さんが「うそつき!」と怒ってこんな記事をYahoo!個人に書いたのです。


取材に対してウソをつく組織「Yahoo! JAPAN」が信頼と品質など担保できるわけがない(藤代裕之) - 個人 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/fujisiro/20160224-00054718/


で、それを見た徳力さんという方が、「おいおいみっともないことはやめなよ」という記事をYahoo!個人にアップしたという流れです。

まあなんのことだかさっぱりわからんという人が大多数だと思いますが、このニュースをもとにどんなジュースができるのか、もう気になって仕方がないのです。

2019-03-15 12.01.11

このニュースの画面をブラウザで開き、順番を待ちます。

ちょっと気になるのはこの表示。

2019-03-15 12.09.11



※選んだニュースによっては、特殊なジュースになってしまう場合があります。



大丈夫でしょうか…。

ついに自分の番がまわってきてしまいました。

まずはLINE NEWSの画面を見せてみる

ふと、「LINE NEWSの画面を見せたらどうなるんだろう」と思った。

2019-03-15_12_11_33

試しに見せてみると、スタッフのお姉さんは何かをメモし始め、普通にそのままレシピ?のようなものを書き込んでいく。あ、これ気づいてない。LINE NEWSを見せたことに全然気づいてない。

2019-03-15 12.14.25


すみません、間違えましたと謝って、さきほど選んだYahoo! ニュースの記事を見せました。

くれぐれもネタでLINE NEWSとかlivedoor NEWSのページを出すのはやめましょう。

徳力さんの
相手をウソつき呼ばわりする前に、本当のジャーナリストならやるべきことがあるのでは?』という記事を見たお姉さんは、「やるべきことジュース」というネーミングを繰り出してきた。

2019-03-15 12.15.27

さらにニュースのカテゴリやコメント数、公開時間などのデータを書き込んでいるようです。

いったいどんなジュースになるのか…。

2019-03-15 12.16.27

飲める味なのか…。

2019-03-15 12.16.56-1

いろいろ振りかけるんですね……。

2019-03-15 12.17.06-1


ついに完成、これが「やるべきことジュース」だ!

2019-03-15 12.18.36-1-1


2019-03-15 12.18.51


一口飲んでみた。

「お、おお…これは…!」(神の雫)


ベリーとミントのさわやかな香りが鼻孔をくすぐる。ソーダがちょっとした刺激をもたらすけどクリームの甘味がそっと包み込んでくる。ベリー系のゼリーがストローを駆け上がってきてフルーティーな味わいを残していく。

2019-03-15 12.20.26 HDR


なんだか自分の「やるべきこと」が見えてきた気がする。

これが、ヤフージュースか。

自分と向き合いたい方はぜひ行ってみてください。今週末までなのでお早めに。


オープン期間:2019年3月12日(火)~ 3月18日(月)
住所:東京都渋谷区神宮前1-16-6トウセン原宿 BOK Gallery(地図
アクセス:JR山手線 原宿駅 徒歩4分
営業時間:12時~18時(土日のみ19時まで)


なお、お店を出るときにヤフーの方から「なるみさんですよね?」ってバレました。


--次回予告 follow us in feedly
「若い人にどうやってニュースを届けるか考えてみた」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

スノーピークの「アウトドア着物」を買ってみたらすごく良かった


あのアウトドアブランドのSnow Peakが「着物」を作ってるって知ってますか。

その名も、どストレートに「アウトドア キモノ」。カタログとか見るとたしかにかっこいいような気もするけど、こんなの誰がどこで着るんだよって思わないでもない。

スクリーンショット 2019-03-11 14.42.56

かなりハードルが高い。そしてアウトドアでこの格好、寒くないのか。

スクリーンショット 2019-03-11 14.43.13

なんて思ってたら、この前Snow Peakの路面店に行ったときに見かけたので試着してみた。

51440199_816240218722367_5104350026050568192_n


全然ありではないでしょうか。

保温素材と防水素材を使用しているのでむちゃくちゃあったかいし、普通にアウターとしても使える。室内で着てると汗ばむくらい。イメージとしてはサッカーの監督が着ているベンチコートみたいな感じだろうか。

しかもセール中だった。5万5000円くらいのが3万円5000円くらいになっている。オンラインストアでも同じくセールになっている。

ネタとして買っておくかと即決。こうして初めての着物を買ってしまったのでした。

さっそくアウトドアで着てみるとなかなか良い。


IMG_0060


そして、とにかくうざい。

IMG_0056


周囲からも

「いらつく」

「殴っていい?」

「なんかわからないけどむかつく」

「おしゃれが一周回ってしまったおじさん」



などなど大変好評でした。

なにより真冬のバーベキューでもすごく暖かいのに驚いた。先日は雪の降るなか秩父方面を1日散策してきたんですが、全然余裕でした。

よかったらこちらをどうぞ。

箱根に遊びに行く感覚で「秩父で全部やる」日帰り観光プラン

日帰りで遊びにいける都心近郊スポットといえば、「箱根で温泉」とか「奥多摩で登山」とかさまざまありますが、もっと評価されるべきなのが じゃないでしょうか。 温泉、川下り、美味いもの、登山、氷柱、かき氷、地ビール......意外となんでも揃ってて、しかも池袋から特急で1時間18分、指定席で座って行ける観光地なのです。 ...


アウトドア キモノの性能はバケモノです。


いまセール中で在庫も僅少なので見かけたら即買いです。すごいスタンダードな着物の形なので来年以降もずっと使えるし、あと帯とかなくてストラップとプラスチックの留め具でささっと着れちゃうのも良い。

普段の服を着た上に羽織るだけっていう使い方もあり。前を閉じないで羽織ると、薄く綿の入ったロングコートみたいに着られます。

意外と万能。最近、休みの日はずっとこれで過ごしています。

IMG_0399

さすがスノーピーク * Snow Peak。さすがアウトドアブランド。


--次回予告 follow us in feedly
「こうなると着物の付属品がいろいろ欲しくなってくる」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

月額4千円で毎日飲み放題に。居酒屋「金の蔵」がまさかのサブスク化w


居酒屋チェーンの「金の蔵」が月額4000円で毎日飲み放題を楽しめる「飲み放題定期券」をリリースしました。

金の蔵公式アプリ(iOSAndroid)から利用できるサービスで、文字通りこれを購入しておけば飲み放題が毎日無料できるようになります。

スクリーンショット 2019-03-07 12.00.05

5万円分くらいお得になる計算


金の蔵の飲み放題は通常120分で1800円(90分でLO)。1ヶ月毎日飲み放題を利用すると1800円×30日で5万4000円となります。


それが月額4000円で使えるわけなので、飲み放題定期券を利用すると5万円分くらいお得になると言えます。

スクリーンショット 2019-03-07 11.59.56

注意すべきルールとしては、1日1回の利用に限られること、延長料金は通常通り1時間540円かかること、定期券を持っていない友人などを同伴した場合はその人達は通常料金(店舗ごとに異なる)になることなどです。

アプリ内の「飲み放題1時間延長無料」クーポンの併用は可能。その他サービスとの併用はできない。


1人2品以上の料理の注文


あと大事なのは定期券利用時には1人2品以上の料理の注文が必須となる点。お酒だけタダで飲むわけにはいかないので、何か食べ物も注文しましょう。

でも安心してください。金の蔵です。

スクリーンショット 2019-03-07 14.09.37

食べ物がむちゃくちゃ安い。160円〜あるので2品注文しても320円。

それで60種類以上のお酒が飲み放題できるわけだから素晴らしいです。

D8840753-D61F-464C-9EC5-D964EAAB7AC4


とりあえずよく飲む友人たちと一緒に定期券を買ってみたので、今日あたりさっそく金の蔵で飲み放題を利用してみようと思います。定期券の使用レビューについてはまたあらためて!


--次回予告 follow us in feedly
須田さんのトークイベントがカオスだった。
 

この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

なんとなく、昔のことを思い出して書く


「この仕事のキャリアのスタートはどこですか?」


そう聞かれると 、一応こう答える。


「昔、japan.internet.comというニュースサイトがあって、未経験でそこの記者になって…」


いまはもうほとんどの人が知らないと思うけど、当時はCNET JapanとかITmediaみたいな並びでjapan.internet.comというIT系ニュースサイトがあった。外資ブランドの合弁会社だったので雰囲気としてはCNET Japanのほうに近かったかもしれない。

いまは方向性も変わってライフスタイル的なサイトになっている。契約上のあれこれで名前も変わってるみたいだ。なので「一応」と前置きしながら答える。

いまから15年ほど前、2004年から2年半ほどお世話になった。あまり多くのことは覚えていないが、基本的な記事の書き方だけ教わって、赤坂見附のオフィスで深夜まで何も考えずひたすら目の前の作業に没頭していた。

japan.internet.comは親会社がアエリアという会社だった。米intenet.comとアエリアの合弁会社である。そのアエリアという会社も同じフロアにあって、そちらは怒涛のような忙しさだったのを横目に見ていた。正直なにをしている会社なのか謎だったが忙しそうだった。

なんでも会社が上場したらしく盛り上がっていた。そのアエリアの上場を取り仕切ったCFOが、その後十数年にわたってなにかと面倒を見てくれる須田仁之さん(@sudax2000)という人だった。

11042990_10205976931360501_6764675349525666345_n
 
(須田さん、黄色いダウンが目印)

23〜24くらいの若者にとって親会社の取締役CFOは雲の上の存在だ。なぜか職場の電話を取ると須田さん宛のものが多く、たくさん電話を取り次いだのは覚えている。それくらいしかやり取りはなかったが、それだけでも緊張した。

ひたすら記事を書くことを反復練習のように繰り返し、内容を理解せずとも何となく記事のようなものをとりあえず書き上げることだけは身についた自分は、2年半でjapan.intenet.comを去り、一応競合といえば競合のようなCNET Japanに転職することになった。

なんとなく申し訳なさそうに退職届を出した。当時、同時に何人かがCNETに転職したので(あとで知った)、あまり上のほうからは快く思われない退職だったと聞いたが、なぜか雲の上の住人である須田さんが「辞めるんだって? 飲みに行こう」と誘ってくれた。

上場IT企業の取締役がどこに連れて行ってくれるんだろうか。期待と畏れを持ってついていったところ、そこは意外なお店だった。ちなみに現在も僕の職場は巡り巡って赤坂見附にあり、たまにそのお店の前を通るたびに須田さんのことを思い出す。

それがここ。

2019-01-17 16.10.32


スクリーンショット 2019-03-04 23.01.11


その店とは、赤坂見附駅から徒歩1分くらいのところにある「赤坂亭」だ。全品325円均一が売りのお店で、上から貼り直してる値札をよく見るとわかるとおり、昔は全品300円均一だった。

いや、別に赤坂亭が嫌だとかまずいとかではなく、ちょっと拍子抜けだっただけだ。ここは安いし、間違いなく美味い。

ただ…退職の記念になんかすごい偉い人がわざわざ連れて行ってくれる店なわけだから、ちょっと想像と違ったというか。もっと他にあるだろっていう。

ちなみに須田さんが「相当ハイレベルなケチ」であることを知ったのはそれから数年後のことである。

僕がCNET Japanに転職してからも須田さんはちょいちょい声をかけてくれた。面白い会社がある、面白い人がいると言って、取材先を紹介してくれたり、知らない人と会わせてくれたりした。

その知らない人はだいたいスタートアップ企業の経営者で、その面白そうな会社は数年後に上場したりする。

須田さんはいつも待ち合わせ場所にボロボロのママチャリで現れた。アポイントが終わるとまたママチャリでどこかに去っていく。最初に会ったときとはずいぶん印象が変わってきた。雲の上の存在から、なんか変な人だなと。

いま思えば、須田さんが紹介してくれたのはどれも自分が出資したり、関わったりしている会社や人だった。あなたはとても現金な人でした。

須田さんとはそれからもたまに一緒に飲むことがあった。そのたびに「コンビニのおでんは、はんぺんの切れ端はいくら取ってもタダだ」とか「牛すじが入ってるあたりから汁を取ると味が濃い」とかやたら貧乏くさいライフハックを自信満々に聞かされた。

10478574_10202948426005618_5411401709298504906_n

逆に僕のブログに貧乏くさいネタが載ってたり、安くて美味い居酒屋とかが載ってたりするとそれはそれは喜んでくれた。

当時の須田さんはいくつもの会社の上場に関わった、なんか成功請負人みたいなすごいイメージの人だったと思うが、普段はそんな感じが一切しなかった。たぶんそのへんの倹約家の主婦よりも細かい人間だった。

以前、「須田の元部下飲み会」というのが開かれたことがある。主催者はもちろん須田さんである。自分で呼び出した自分の元部下と飲んでるのに、お会計はきっちり割り勘である。

10533122_10203936785913998_7568227813581310049_n

この頃にはもう僕も驚かない。参加者だってそのへんは薄々感じながら来ているのでまったくクレームも出ない平和な世界である。

たまにTechCrunchなんかで「スタートアップが複数の調達元から資金を得た」みたいな記事を読んでると、不思議なことに須田さんも出資してたりする。普段の様子からはまったく想像がつかないので混乱する。



そんな須田さんも若い頃はソフトバンクでYahoo! BBの立ち上げに携わり、孫さんと一緒に働いて大変な目にあったり、そしてアエリアの経営陣となったあともお惣菜屋かなんかを創業してもっと大変な目にあったりと、波乱万丈な人生を歩んでいる。

このあいだ須田さんに久々に会ったときに、「いまのPayPay事業の立ち上げってYahoo! BBみたいな感じなんですかね?」って話を振ったら、「いや、もっと地獄だったよ」と即答された。

須田さんの過去にいったい何があったのか。

その答えが、このたび発売された須田さんの初の著書に書いてある。




ソフトバンク孫社長に直接罵倒されるという衝撃のシーンから始まり、ソフトバンク時代の先輩たちの鬼っぷりの回想録、そして誰得すぎる須田さんの恋バナまで盛りだくさんの本書。

須田さん、通称スダックスさんのすべてがここに描かれています。スダックスさんと仕事上の関係があった方はもちろんIT業界に従事するすべての方、ちょうどいま手元に読むべき本がなくて何でもいいから活字が読みたいという人にもぜひともおすすめしたいです。

新卒社会人時代のエピソードを読むと凄まじいまでのブラックな働き方に読んでいるだけで身震いがするレベルです。いま仕事が辛い人もこれを読むと自分はまだましだと思うかもしれません。でもあまり参考にしてはいけない。


須田さんといえばVoicyでの音声配信も大人気。この記事で僕が長々と語ってきた内容はすべて以下のリンクで本人とのトークという形でも聞くことができます。

#79 久しぶりの再会シリーズ(なるみん、サックル)(2018年7月24日放送)/ Voicy - 今日を彩るボイスメディア

IT、ベンチャー、経営などのネタで「笑い」をとれるように頑張ります!voicy も関与先。雑談っぽいので1.5倍速で聴くのがオススメ ネタ投稿やご感想はコチラ 「あなたの考える新年号は?(下ネタ歓迎)」 https://goo.gl/forms/BQOgct8mHO070dDD2 https://www.facebook.com/sudax0721 ...



#113 魁!なるみん塾 #2(謝罪回、乞食グルメほか)(2018年12月26日放送)/ Voicy - 今日を彩るボイスメディア

IT、ベンチャー、経営などのネタで「笑い」をとれるように頑張ります!voicy も関与先。雑談っぽいので1.5倍速で聴くのがオススメ ネタ投稿やご感想はコチラ 「あなたの考える新年号は?(下ネタ歓迎)」 https://goo.gl/forms/BQOgct8mHO070dDD2 https://www.facebook.com/sudax0721 ...


こちらのチャンネルをすでに聴いてるという人は確実に買いの本です。音声と同じくらい赤裸々にリアルに自分のことを語っています、40代半ばのおじさんが。

あとこれが一番大事なんですが、3月6日に須田さんを囲む会があります。須田さんが僕に飲み屋でおごってくれた約束の地、あの赤坂亭のすぐ近くの会場で開催されます。

3/6【恋ボク出版記念】須田仁之と54人の愉快なIT起業家たち(トーキングサークル・ライブ) | 赤坂見附テックハブ

須田仁之が著書「恋愛依存症のボクが社畜になって見つけた人生の泳ぎ方」を出版しましたことを記念しまして、報告会を兼ねて、普段より仲良くさせていただいておりますIT起業家をお呼びしまして、皆さまの近況報告などを兼ねたトーキングサークル・ライブ形式でフリートークセッションを開催いたします。 「 恋のから騒ぎ ...



これまでのIT業界史を代表する豪華ゲストが須田仁之という男について語り尽くす会です。

一応僕も参加する予定なので、須田さんという人間を知っている人も知らない人もぜひ会場でお会いしましょう。参加費はなぜか無料だそうです。

場所は


3月6日(水)20:00-22:00

Days赤坂見附 3A会議室:港区赤坂3-9-1


なんでこんなよくわからない思い出話を長々と書いたかというと、要は須田さんから著書イベントの宣伝をせよとのお達しを受けたからだ。

元・雲の上の人の言うことにはいまだに従うようにしている。


※須田さんはこちら。たまに有益なことをつぶやきますのでフォローしてあげてください。




--次回予告 follow us in feedly
「ちなみに僕はまだ本を読んでませんが面白かったです。」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数


モスの意欲作「麻辣モスバーガー」が本気のシビれる辛さでクセになる美味さだった


最近、モスバーガーにこんなメニューが登場してるのをご存知でしょうか。

FullSizeRender


期間限定の「麻辣モスバーガー」です。

FullSizeRender

「ビリ旨辛」と書いてありますが、モスだって所詮はファミリー向けのハンバーガーチェーンです。たいしたことないんじゃないかと思いがちです。

一方で「しびれる花椒ソース」を使用と説明書きにあるのでちょっぴりの期待もあります。


で、さっそく注文してみました。「ダブル麻婆チーズバーガー」というボリューム重視の布陣で。

FullSizeRender


これはすごいです。なんかドス黒いものが大量にかかってる。

2019-02-23 13.29.24


食べる前から心なしが鼻の奥が痺れるような感覚に。こいつはやばい。

FullSizeRender

食べてみると一口でモスの本気度がわかった。

本気で殺しにきてる。

完全に本格麻辣の味付けになっていて、花椒で舌は痺れるし、強い香りがツンと鼻をつく。唇のまわりが早くもヒリヒリする。

FullSizeRender


そして辛いソースが大量にかかっていてなかなか食べづらい形状。だがこれは美味い。

大人のモスだ。


というより子どもが食べてはいけない。レジにもそんな注意書きがあったが納得である。

あとずっと気になってたんだけど、注文してないポテトがついてきてる。

FullSizeRender

頼んだ覚えはないけど、なんで……。

不思議に思いながら、麻辣は食べ終わった。

FullSizeRender


あ!!!!!!!!!!!

FullSizeRender

そういうことか!


紙袋に確実に大量に残る麻辣ソースをこのポテトにつけて食べろってことか!

なるほどー!!!!!

もしかして麻辣モスにはポテトがデフォルトでついてくるの?

これすごい気の利いたサービスじゃない?

というわけでモスバーガーの「麻辣モスバーガー」は本気の麻辣味で辛いもの好きを殺しに来てるので剛の者はぜひ食べてみてください。


--次回予告 follow us in feedly
「とはいえ店員さんが間違えてポテト付けてしまった可能性も否定できない!」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

follow us in feedly RSS RSS Instagram
ポッドキャストはじめました。


同じ人が作ったNAVERまとめ
連絡先:narumi789[at]gmail
記事検索