Blog @narumi

どうでもいいこと満載。

会社と個人でGoogleアカウントを使い分ける人に超絶便利な「Shift」というアプリ


Googleアカウントが複数あるとけっこう面倒なんですよね。

たとえば会社のメールやカレンダーがGoogle Appsを利用していると、個人のGoogleアカウントと同じブラウザ内で使い分けないといけなくて、「いまどっちにログインしてるんだっけ?」ってなりがち。

僕は勤務先のアカウントがGoogle Appsなので、いつもChromeのタブには個人のGoogleカレンダー、個人のGmail、そして会社のGoogleカレンダー、会社のGmailが開きっぱなしにしてある。

こんなふうに。

スクリーンショット_2018-12-09_12_50_55

でもファビコンが同じなのでどっちがどっちだかわかりにくいし、カレンダーとメールで4つもタブを専有するのが少し嫌だった。同じことがGoogle DriveやGoogle Docsにも起きてくるので、もうタブがGoogleだらけになってしまう。

で、これを解消してくれるのが「Shift」というアプリ。

スクリーンショット 2018-12-09 14.43.59


使っているGoogleアカウントを登録しておくと、1つのアプリ内で快適にユーザーを切り替えて、それぞれのGoogleサービスにアクセスできる。

なんならGoogleだけではなく、FacebookメッセンジャーやSlackなどのアカウントも統合できるので、普段やり取りするメッセージすべてがこのアプリ内で完結する。

スクリーンショット_2018-12-09_14_31_54

複数アカウントにわたるメッセージ系サービスだけでブラウザが埋まっているという人は、Shiftにすべてまとめてしまえるので非常にすっきりするわけだ。

たくさんあるGoogle系サービスもこうやって開けるのでとても便利。

スクリーンショット 2018-12-09 14.32.03


ついついタブを多く開きがちなブラウザがすっきりするし、メッセージとGoogleを別アプリに切り離すだけで作業をするにあたっての動線もずいぶん良くなった気がする。

しかもShiftは複数台のPCでアプリの設定を引き継いでくれるのでとにかく楽。前からあったアプリなのにその存在を知らなかったことを後悔している。

MacとWindows、Linuxに対応していて、こちらからダウンロードできる

もし同僚でこれを見ている方がいましたら、ぜひともおすすめしておきたい。一応有料アプリで年間3380円($29.99)だけど、とりあえず30日は無料で利用できるので試してみる価値はあり。


--次回予告 follow us in feedly
「今年買ってよかったもの……なんだろう。あるかな…」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

メルカリ読書を実践! 本は“紙”で買って読み終わる前に売る

前からずっと本は電子書籍で読む派でしてKindleの愛用者だったんですけど、最近はすっかり紙の本で読むようになりました。



その理由がメルカリです。



Kindleだと読み終わった本を「再利用」できないのが不便なんですよね。人に貸したり、プレゼントしたりできないし、ましてや売ることもできない。


せっかく買った本がずっと自分のKindleアカウントのなかで塩漬けのままなのは悩みでした。何度も読む以外にはまったく再利用できないわけで、これはちょっともったいない。


それが紙の本だとこんなことが可能になるんです。以前ツイートしたやつですが、



つまり本を買った瞬間にメルカリに出品しちゃうんです。で、丁寧に読み始める。だいたい読んでる最中に購入されるので、急いで読み終えて発送する。


ハードカバーの新刊とかなら7割くらいのお金は返ってくる。メルカリは1500円で買った本が1000円で即売れる世界です。


差し引き500円で読めたことになるんだから、だいぶお得感あるし、発送するためにすぐ読むから積読にもならない。なにより別の誰かの手に渡って読まれるのが嬉しいじゃないですか。


それでは私が普段どんな読書ライフを送っているか、お見せしましょう。

続きを読む

ビル・ゲイツが選ぶ「2018年読んで良かった5冊」はまじで必読


読書家として知られるビル・ゲイツさんが、今年も「読んでよかった本5選」をリストアップしていますね。いつもながら渋い選書です。

スクリーンショット 2018-12-04 10.58.50

特に2018年のベストブックは例年以上に他分野にわたっています。将来を約束された企業の崩壊から、瞑想の指針、「自律的殺人兵器」への考察までめっちゃ本読んでるだけある。

本人も「友人や家族にプレゼントするには間違いないリストだ」と自信をもってプッシュしています。

さっそくゲイツ版「今年読んでよかった本」を紹介します。

教育の大事さを切実に訴える『Educated

91BsxGspgML

タラ・ウェストオーバー著

著者のタラ氏は17歳で家を出るまで、学校に通ったり、医者を訪ねたりしたことがなかったそうで、彼女の極端な子供時代と、教育に対する強烈な渇きがとても印象的な本。彼女は最終的にケンブリッジ大学で博士号を取得しており、そこに至るまでの過程が描かれている。

自動兵器と戦争におけるAIを論じる『Army of None

51Yqh9oI20L

ポール・シャー著

自律的兵器に関する名著で、戦争におけるA.Iについても論じされており、ゲイツも「いろいろ考えさせられるわあ」と語っている。著者は米政府で自律兵器政策の策定を手伝ったベテランだけあって、非常に複雑なトピックにもかかわらず、明確な説明と見解を提示してくれるので全然知識がない人でも読めます。

シリコンバレーの暗部を描き出した『Bad Blood

415ekufgZ9L

ジョン・カレイルー著

副題は「シリコンバレー・スタートアップの秘密と欺瞞」。最近破綻した医療スタートアップ「セラノス」の成長と終焉をインサイダーの視点で描いた本。その実態はゲイツ氏をもって「想像していたより狂ってる」と言わしめ、読み始めたら止まらなかったと語っている。

そこに書かれているのは、紛れもない詐欺と企業の陰謀、家族関係の崩壊、そして1兆円近くの価値をつけた企業の崩壊のストーリー。

サピエンス全史著書の最新作『21 Lessons for the 21st Century

71vOyCvUMJL

ユヴァル・ノア・ハラリ著

名著「サピエンス全史」と「ホモ・デウス」で日本でも有名なユヴァルの新作。「サピエンスとホモ・デウスは過去と未来をカバーしていたが、この本は現在のもの」とゲイツも絶賛。2018年という年に伸び悩みを感じた人は、この本が課題解決とその思考のフレームワークになるはず。

心の健康を考え始めた人に読んでほしい『The Headspace Guide to Meditation and Mindfulness

51qvw1YV+HL

アンディー・プディクーム著

ゲイツ夫妻は瞑想にはまっているらしい。「25歳の私が知ったら笑うだろうけどね」と言いながら、最近はまってるようだ。この本は著者が大学生から仏教徒の修道士になるまでの旅から始まり、瞑想の方法について解説する。マインドフルネスについて考えてみようと思っている人にとって完璧なガイド本となる。

-----

以上、今年もビル・ゲイツらしい硬派で意識の高いセレクト。もう年末年始ですし、
どれも読みやすいのでゆっくりと英語の本を読んでみるのもいいかと思います。

ちなみに読まずに「聴く」という手もあります。Amazonのオーディオブック「Audible」だと通勤中とかジョギング中に上記の本を聴いて楽しむこともできるからおすすめ。

しかもいまは最初の1冊は無料。




Educated』と『BAD BLOOD』はAudible版もあるので聴いてみるといいですよ。


--次回予告 follow us in feedly
「そろそろ買ってよかったもの発表の季節か…」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数


セブンイレブンが「チャーハン」を完全にアップデートしてきた


皆さん、気づいたら撮った記憶のない写真がスマホに保存されてたことってないですか?

私はよくあります。

先日はまったく記憶のない「チャーハンの写真」でスマホが埋め尽くされていました。いったいなんなんだ!? と戸惑いましたが、せっかくなのでその写真とともにできる限りの範囲で何があったか振り返ってみましょう。

1枚目がこれ。

2018-11-22 00.34.39

深夜2時。セブン-イレブンで「炒め醤油香るカップチャーハン」「バター香るカップ海老ピラフ」という新商品を見かけたようです(記憶なし)。

アイス売り場でカップ入りの冷凍ピラフと冷凍チャーハンを売り、レンジで温めてその場で食えるってまたセブン-イレブンさんの大発明じゃないですか!

2018-11-22 00.34.45

飲んだ後にアイスでも食おうかな〜って思ってたはずなのにまんまとチャーハンを買わされそうです。

レジに持って行ってるんでしょうね。

2018-11-22 00.35.08


完全に酔っぱらいだ。

2018-11-22 00.35.09


店員さんが温めてくれてるっぽい。

2018-11-22 00.35.37


あ、このレンガ地のタイルは、セブン-イレブンの外のあそこ。

2018-11-22 00.38.09-1


肝心なところでぶれっぶれ!

2018-11-22 00.38.26


ちゃんとしたのも撮ってた。美味そう。

2018-11-22 00.38.22


うわあああああ!これ美味い!!!1海老がぷりっぷりや…!

2018-11-22 00.38.47-1


急に場所が変わったけど、これたぶんマンションのエントランスにあるテーブルとソファーのところ。

2018-11-22 00.42.29


夜中に飲んだあとに海老ピラフ食っておいてカロリーとか気にしてるやつ。

2018-11-22 00.43.08

でも1食あたり284kcal、炭水化物53.4グラムはそんなに悪くない。ヘルシーとは言えないまでも、いわゆるピラフ・チャーハンのなかでは良いほうだと思う。

2018-11-22 00.46.35


次は「炒め醤油香るカップチャーハン」を買ってみようと思う。このすぐ食べれるカップチャーハンっていうカテゴリは絶対流行ると思う。

もちろんお弁当でもチャーハンは出てるけどお弁当スタイルって買ってすぐ食べる感じじゃないんですよね。どこかに持って帰る用途。

でもカップ入りでスプーンと一緒に出されると、イートインでさくっと食べたり、そのへんでお酒飲みながらとか……貧乏くさい話になってしまった。



余談だが、翌朝、起きたらカバンがない! どこかに置いてきたのかも…と焦ってセブン-イレブンの周辺を探したりして、うーんないなあ、と困ってたら、マンションのエントランスにあった。

スクリーンショット 2018-11-22 17.38.49


ここでピラフ食ってたんだな…。



--次回予告 follow us in feedly
炒め醤油香るカップチャーハン、1万字レビュー 

この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数


バズフィードが作ってるNetflixオリジナル番組が面白いので絶対見てほしい。


Amazonプライムだけでも相当数の動画が見放題なのに、Netflixまで契約してるので、もうどの作品を見ればいいのか全然わからないんですけど、米国BuzzFeedがNetflix向けにつくってるオリジナルドキュメンタリーはめちゃくちゃ面白いです。

スクリーンショット 2018-11-21 19.59.05


番組名が「世界の“バズる”情報局」っていうダサさ。そこがいい。あまり面白くなさそうな名前なのに中身は相当いい。

まず何よりも、1つのエピソードが16〜18分くらいと短いこと。だから見やすいし、情報収集の1つの手段として優秀。時間あたりの学びが大きいなと感じる。

あとはもちろんドキュメンタリーの内容が面白い。BuzzFeedの記者が日々取材しているままを映像にしている体裁なので切り口にエッジが立ってるし、扱うネタもBuzzFeedっぽくて尖ってる。

このツイートにあるようにイッキ見できる分量だし、インターセックス、男の権利、フェイクニュースあたりはBuzzFeed記者らしいテーマ設定。


話のなかで記者が上司に電話して、取材した内容を伝えたり、指示を仰いだりするシーンが毎回必ずあるんだけど、これはいまどきどうなんだと思った。普通にSlackやろ。

そういう演出なんだろうけど。気になるよね。

こんな感じでなぜか毎回取材した成果を上司に電話で報告する記者。「家族はこの問題において重要なファクターだ」とアドバイスを受けている。

スクリーンショット 2018-11-21 20.12.41


ぜひBuzzFeed記者が奇妙なスピーカーホンモードで電話するシーンにも注目してほしい。

エッジのたったテーマを優れた切り口で、そして短い時間で描ききるのは素晴らしい。一気に5話くらい余裕で見れちゃう良ドキュメンタリーでした。



というお話をポッドキャストでもしたよ。


--次回予告 follow us in feedly
「海外の記者ってとにかく絵になるよなあって思った話」
 


おすすめNetflixの話は他にもしてるので聴いてみてください。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

ついにトーク配信アプリ「Radiotalk」がポッドキャストに対応!そのままSpotifyやスマートスピーカーにも流せるよ


「ポッドキャストやってみたいんだよね」っていう人がまわりにけっこういるのですが、いざ始めようとするとそこそこ面倒なんですよ。

Appleのポッドキャストアプリに配信するには音声データをどこかのサーバにアップしてそこからRSSでフィードしないといけない。いまどきそんなのやってられるか。

で、一応そういうのをやってくれるサービスとしてはSoundCloudやAnchorなどの海外サービスがあるんですが、どうもUIが微妙だし、安心感がいまいち。

そういう状況で朗報です。エキサイトの音声配信サービス「Radiotalk」がポッドキャストに対応したそうです。国内のサービスとしては唯一でしょうか。

1181121101251


Radiotalkはアプリでさくっと録音して配信できるので、いま最も簡単にポッドキャスト配信を開始する手段と言えるかもしれません。

しかも番組ごとにRSSフィードが用意されるということは、つまり「Spotify」をはじめとしたApple以外のポッドキャスト配信サービスにも番組を届けることができ、しかもSpotifyに対応したスマートスピーカーから直接番組を流せるということなんですね。

具体的にはどうするかというと、Radiotalkで自分の番組を持っている人は、さっそくRSSのURLをコピーしてAppleのiTunes Connectに申請しましょう。数日でApple iTunes上でポッドキャスト番組が持てるはず。

同時に同じRSSをSpotifyのポッドキャスト配信者向けサイトに登録。これは即時で反映されます。そんで近くにあるAmazon Echoに「Spotifyで◯◯(自分の番組名)をかけて」と命令すると、自分の番組が流れてきますよ!

これはすごいですよね。さすがに家のスマートスピーカーで自分の番組を大音量で聞くド変態は私くらい
※1だとは思いますが。


※1 ここ3年くらい「donguri.fm」というポッドキャストをやってまして、音声置き場にSoundCloudを使い、AppleSpotifyVoicyの各プラットフォームで配信しています。よかったら聞いてみてください。


--次回予告 follow us in feedly
「Anchorもかなりよくできてるのでエキサイトさんには頑張ってほしい」
 


この話題はポッドキャストでも深掘りしていくよ。

ついでに筆者をフォローしてみる→
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

ブログの更新をLINEでお届け→
 友だち追加数

【書評】よくネットで広告を見かける漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」を読んでみた


とにかくすごかった。

これはスター・ウォーズレベルの壮大な叙事詩(サーガ)だ。

あるいは日本なら平家物語、古代ギリシアならホメロスのオデュッセイアに並ぶ一大叙事詩と言えるだろう。

読まずに先入観を持っている人はまず読むべきだ。重層的なストーリー、張り巡らせた伏線、魅力的な主人公、SNSによって顕になる人の業…。これを傑作と言わずになんと言うのか。




よくスマホでいろんなサイトを見ていると、過激な漫画のコマを抜き出した広告を目にすることはないだろうか。私にとってはその代表格が池田ユキオ著「ゴミ屋敷とトイプードルと私」だ。

スクリーンショット 2018-11-18 22.35.24
 この広告、見たことないですか?

とにかくよく現れる。

しかもエグいコマを抜き出してくるから目に止まる。「もうこうなったら全巻読んでやろう」「買えば出てこないだろう」と思ったのが読み始めた動機だ。

それが読んでみて驚いた。すごく、おもしろいのである。

続きを読む

「飲み会は参加者になるな、幹事になれ」これが鉄則の理由を解説します。【PR】


忘年会シーズンが近づいてきました。


様々な忘年会に参加していると、お金もかかるし、年末に向けてどんどん太っていくなんてことになりがち。

参加しているだけだと、金銭的にも体力的にも疲弊していくことになりかねません。


でも幹事だけは別。


そう、幹事ならいいんですよ。すべてが報われるから。忘年会は呼ばれるのではなく、呼ぶ側にならないといけません。

その理由をこれから説明していきたいと思います。

忘年会は参加者になるな、幹事になれ。

まず忘年会といえば「ぐるなび」などのグルメサイトでお店を探して予約するのが一般的だと思いますが、実はここに幹事のウマミがあるのです。

これ。

スクリーンショット 2018-11-15 10.49.04

わかりますか?

見ただけで目がチカチカするキャンペーンサイトですが、よく読むと大事なことがあります。

じつはぐるなびはいま楽天と提携していて、飲み会の参加人数に応じて、幹事が楽天スーパーポイントを受け取れるようになっているんです。

たとえば3000円の飲み会を20人で開催すると、楽天スーパーポイントが1万2000ポイントももらえます。そのまま買い物に使えるので1万2000円もらえるようなものです。

条件もそんなに難しくないです。「3000円以上のコース」「4名以上」。基本はこれだけ。皆さん普段これくらいの飲み会やってますよね。

しかもぐるなびのサイトにはご丁寧に「もらえるポイントを計算してくれるシミュレーター」があるので計算することができます。

たとえば僕が友人5人を集めて合計6人で小さな忘年会を開いたとします。

スクリーンショット 2018-11-15 10.50.11

ぐるなびプレミアム会員、6名、ポイント3倍対象店を選ぶと……はい、3600ポイントもらえることがわかります。つまり3500円くらいまでのコースを予約しておけば実質無料で飲み食いできるわけですね。

ちなみにぐるなびプレミアム会員は月額300円かかりますが、“90日間無料”のお試し会員というのもあって、これならお金はかかりません。

スクリーンショット 2018-11-15 10.50.50

ここは予約前にプレミアム会員になっておくのが賢いです。

そしてポイント3倍対象店だって都内にめちゃくちゃあります。

スクリーンショット 2018-11-15 10.51.30


ここまで整理するとこうです。

・90日間無料プレミアム会員になって、
・ポイント3倍対象店のなかからお店を探して、
・4人以上で飲み会を開くと、
・幹事は人数×600円分が返ってくる

ということです。

6人の仲間内の忘年会なら3600円だし、会社で20人の部署とかの忘年会の幹事を引き受けると1万2000円です。


「これ、忘年会長者も可能やぞ!」


忘年会について冒頭では不満も言いましたが、幹事ならありでしょ。無料で飲み食いできるんだから。

というわけで、忘年会長者がリアルでどんな生活をすることになるのか、お見せしたいと思います。

続きを読む
follow us in feedly RSS RSS Instagram
ポッドキャストはじめました!
同じ人が作ったNAVERまとめ
連絡先: narumi789[at]gmail        Facebookページもよろしくお願いします↓
記事検索